2020年03月06日

アサイ「木根さんの1人でキネマ」7巻

kinesan7.jpg いかん。これはいかんですよ。
 最初の話からネタ切れ感全開じゃないですか。過去のエピソードを蒸し返し出したら、連載ももう終盤ですよ。次の話もいかんですよ。キャラクターを集めてわいわいやり出して。これのどこが「1人でキネマ」なんですか。
 などと文句を言っていたら、最後に「ゴジラ」が控えていました。久しぶりの傑作です。木根さんは映画を語らなければなりませんが、やはり映画館も語らないといけない。半生をかけた話がコンパクトにまとまっています。
 そろそろ連載終了かと思いましたが、まだ気が早かったようです。よかろう、続けたまえ(何様)
posted by Dr.K at 23:16| Comment(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: