2020年04月07日

PCエンジンminiで「天外魔境U」

tengai21.jpg
「我が道に敵なーし!」

 休日なのに外出もできませんので、超大作と名高いこのRPGに手を出しました。PCエンジンはもとより、移植版もプレイしたことがありませんので、これが初挑戦となります。
 驚きました。最近のゲームに負けてないどころか、むしろ口に合うじゃないですか。さすがにグラフィックは古臭いのですが、それ以外は全然いけてます。
 まず戦闘がいい。「ドラクエ2」くらいのシンプルなシステムで、一戦闘が数秒で終わります。PCエンジンminiでは、CDの読み込み時間がないのでますます快適。昔のゲームらしく、しっかりレベル上げをする必要があるバランスなのですが、このテンポなので苦になりません。
 次に世界観。「ドラクエ」や「FF」が西洋ファンタジーをベースにしているので、こちらは日本を舞台にして差別化しています。各地の伝統文化がきちんと生かされていて、作り手の教養を感じさせます。後に「サクラ大戦」を作った広井王子、「俺屍」を作った桝田省治が関わってますからね、さすがです。
 そして、ストーリーが抜群に面白いです。深刻になったりコミカルになったり、振れ幅が大きく表現力豊か。ドット絵が抽象的なのをいいことに、恐ろしい描写を突っ込んでくるのもなかなかです。
tengai22.jpg
敵も実に個性豊か。カブキVS菊五郎とか最高ですね。また、全体にセリフ回しがなんとも味わい深いです。ちょっとヒントをくれるだけの村人でさえいい感じの奴がたくさんいます。
 こんなに隅々までちゃんと作ってあるゲーム、今もなかなかないですよ。
posted by Dr.K at 23:49| Comment(3) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 おひさしぶりです。

 自分もつい先日PCエンジンminiで『天外U』をクリアしました。

 移植やリメイクの度にプレイし直して、これで通算七周目なのですが、mini版は表現規制も最小限で、今まででベストの移植度だと思います。

 ちなみに戦闘のロード時間ですが、読み込み時間のかかるCD音源をバックで再生しつつ戦闘BGMは内蔵音源で鳴らすという工夫をしているので、PCエンジン実機でも同じテンポで遊べていました(天外Uと同時期に発売されたDUOはパッドに連射機能が標準装備だったので、むしろ実機の方が早いぐらい)。

 最後まで手抜きが一切ないゲームなので、是非エンディングまで楽しんでください!
Posted by GON at 2020年05月12日 13:31
 今ちょうどヨミまで来たところ。
ボス戦の難易度えげつないですね、これ。
miniだと、技が命中したときだけセーブ、みたいなインチキも可能ですが、それでもきついですよ(笑)
 miniゲーム機も、CD時代の大作が丸ごと入っちゃうとなると、だいぶイメージが変わってきますね。
Posted by Dr.K at 2020年05月13日 08:38
 ボス戦は普通に遊ぶと難しいのですが、そのぶん工夫でなんとかできるようになってるのが楽しいですね。たとえばカブキに城壁をかけて大見得を使うと全体攻撃まで一人で防げるとか、赤影で増やした卍丸に松虫斬を使わせるとか。

 初期に手に入る密教ヘルムがヨミ戦で役に立つ、技減らし天狗を息吹に集中すると無限使用できる、みたいな、周回プレイを重ねると見えてくる攻略もあったりして、本当に奥が深いです。

 やり込み勢だと50段ちょっとでクリアしちゃう人もいるので、ゲームバランスも本当に秀逸なゲームだなぁと思います。
(ちなみに、もしヨミ戦がキツかったら、因幡の輪笠村で売ってる七福の玉を大量に持ち込むとよいかと思います)

 PCエンジンはCD時代の大容量名作がまだまだ他にたくさんあるので、もう一回くらいminiを作ってほしいところです。
Posted by GON at 2020年05月13日 12:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: