2020年04月22日

世界はもっと「ギャルと恐竜」を讃えるべき

 あ〜げあ〜げあげあげみざわ。

gwithd.jpg
 YouTubeで何話か無料公開されているので見た。4コマ漫画に毛が生えた程度で、およそ中身がない。謎のかわいさを発揮する恐竜を、ほけ〜と眺めているだけで終わってしまう。緊急事態で世の中が不安に包まれている今、この呑気さがひときわ愛おしい。そして、何でもない毎日がなつかしい。 
 普通に作るのでは飽き足らなかったのか、クレイアニメをやってみたり、実写を使ってみたりと、中身に釣り合わない実験的な映像になっている。そんなところで価値を高める必要はない。むしろ、最後まで呑気に無意味を通してほしい。今こそそういう作品が讃えられる時だ。
posted by Dr.K at 00:11| Comment(2) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最高ですよね
Posted by at 2020年04月22日 13:44
何にもないのに繰り返し見てしまう(笑)
Posted by Dr.K at 2020年04月22日 20:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: