2020年05月16日

PCエンジンminiで「天外魔境U」の終わり

tengai2y2.jpg
 いよいよ大詰めとなった「天外魔境U」、〈右のガーニン〉以降、ボス戦の難易度が非常に高い。負けるたびに、セーブ地点からやり直した昔のプレイヤーは、さぞ大変だったであろう。PCエンジンminiなら、どこでも瞬時にセーブできるので超便利。なんなら、戦闘中に作戦がはまった瞬間にセーブ、などというインチキも可能だ。
 ラスボスとなるヨミは、たたでさえ強いのに、形態を変えての連戦となるため、まともに戦うのはほぼ不可能。攻略サイトを見たら、「二戦目で死ねば、次に来た時二戦目から始められるので、アイテムなど補充しておこう」と書いてあった。じゃあ全滅しとくわ。いいのかその仕様。

tengai2end.jpg
 そして、エンディングの圧倒的な正しさに感心する。仲間が卍丸と別れの挨拶をかわすのだが、見ての通り、画面のこちらに話しかけてくる。卍丸=プレイヤーという一人称の表現になっているのだ。思えば、「天外魔境U」のデモシーンは、その多くが一人称だ。そのことが、テレビアニメなどとは異質な感覚を呼び起こすのだろう。
 そして、一人称シナリオのRPGと言えば「ドラクエ」だ。「天外魔境」がドラクエのフォロワーであるのは明白。しかし、ドラクエの方では「7」になるまでムービーによるデモは存在しなかった。もしも、ドラクエがPCエンジンに参入しCD-ROMで出ていたら、どんな演出をしただろうか、と思ってしまう。
posted by Dr.K at 18:25| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: