2020年05月17日

「龍が如く7」その1 荒川組長半生記

 開幕が突然の時代劇で面食らう。あれ、これ「見参」や「維新」だったっけ。劇中劇とわかっても、誰だかわからない登場人物のドラマにそわそわ。年月が流れ、少年はヤクザになる。
ryu7011.jpg
 それが荒川組長である。中井貴一の重厚な演技で、無茶苦茶かっこいい。ゲームの冒頭はこの組長の背景を掘り下げることに終始するため、主人公のはずの春日一番もすっかりかすんでしまう。
 あれれ〜? サブゲーム満載のコミカルなゲームと伝え聞いていたんだけどなあ。ムービーばかりでゲーム部分がほとんどないじゃないか。ストーリーもシリアスそのもの。なんとも不気味な導入部だ。
posted by Dr.K at 23:31| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: