2020年06月14日

「龍が如く7」その4 放漫経営日記

 あるいは、なぜ私が会社経営に失敗したか。

ryu7041.jpg
 会社経営とは、「龍が如く7」に登場する大規模ミニゲーム(矛盾)。
 失敗の理由は明確で、経験が邪魔をしたのである。私は、これまでの「龍が如く」シリーズをプレイしており、「クランバトル」「草野球」「キャバクラ経営」などをクリアしてきた。形は違えど、人材を集め、適所に配置するという基本は同じである。人材が、ソーシャルゲームのカードのような形で表されるのもそっくり。事実、過去のミニゲームからそのままの絵で登場しているキャラも多数いる。
 過去のゲームは、とにかくキャラの性能が命であり、レア度の高い人材を集めてど〜んと投入しておけばわりとうまくいった。しかし、今度の会社経営はそうはいかない。収入が少ないので、余分のメンバーがいると、人件費で赤字になる。投資しようとして借金すると、毎月の返済でさらに赤字になる。CMを打つお金もない。疲れた社員をねぎらう費用にも事欠き、転職する社員を引き留めることもできない。止めに、ムシキングの如きバトルで表現された株主総会もよくわからず惨敗する。過去の成功体験は失敗のもと、という標語通りの結果となった。

 またもや攻略サイトに頼ると、まずは最低限の人員で回すべし、とある。社員の半数を解雇して、どうにか軌道に乗せた。嫌なリアリティだな、おい。なお、100位を越えるあたりからは、資金に余裕が出てくるので、いつもの放漫経営で豪快に突き進んでOKだ。
ryu7042.jpg

ryu7043.jpg
 株主総会は、見た目に偉そうな社員を出したくなるが、実は発言コストの低いキャラが効果的。結果、サルやニワトリが総会に出ることになるが、株主をバカにしているとしか思えない。まあ、相手の総会屋もヤクザだったりするので、そこはお互い様か。
posted by Dr.K at 11:43| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: