2020年10月30日

「未来少年コナン」25 インダストリアの最期

msc251.jpg
 何度見ても惚れ惚れするギガントの雄姿。多様な武器を備えている、故障個所をパージできるなど、わくわくするギミックが満載だ。
 レーザー砲で三角塔を一撃、最終兵器の恐ろしさを見せていたにも関わらず、コナンらの活躍であっさり墜ちてしまう。その様子はなんだかもの悲しい。
 最強と思われていたものが、真価を発揮することなく滅ぶ。この見せ方は、宮崎駿のこだわりなのだろうか。「風の谷のナウシカ」では、巨神兵がわずかな稼働で腐り落ちた。「天空の城ラピュタ」は、ラピュタの雷を見せつけた後、バルスで崩壊する。それらはいずれも、ハッピーエンドへの道筋のみならず、滅びの美学とでもいうべきものを感じさせる。

 委員会の長老たちは、沈みゆくインダストリアに残る決意をした。これもまた滅ぶ者の美だ。ギガントから脱出しようとあがき、みっともない最期を見せたレプカとの対比が効いている。

msc252.jpg
 地殻変動によりインダストリアは海へ没する。このときの禍禍しい景色もまた、滅びの美学に満ちている。
posted by Dr.K at 23:20| Comment(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: