2020年11月16日

話題の稲作ゲー 「天穂のサクナヒメ」その1

sakuna011.jpg
 いや〜、すっかり当てが外れた。変わったマイナーゲームを買ったよ〜、って感じで記事にしようと思ったのに、色んなところで話題になっている。
 「天穂のサクナヒメ」は、えーでるわいす開発のアクションRPG+稲作シミュレーションゲーム。このサークルが作るアクションはガチなので、使い慣れたコントローラーでないとクリアが困難になるだろうと予想し、PS4版の方を購入した。限定版はちょっとお高価い印象だが、画集のページ数が思いのほか多く、これならリーズナブルだ。

sakuna013.jpg
 とりあえず、ゲーム内の時間で1年プレイした。稲作パートは専門知識が凄いが、田右衛門が大まかにアドバイスをくれるので、プレイに困ることはない。

sakuna012.jpg
 プロモーションムービーは何年も前から見ており、稲作の工程が細かく再現されていることは事前に知っていた。しかし、それらがデモではなく、すべてミニゲームになっているとは思わなかった。画像はこき箸による脱穀だが、マジで一本一本操作せねばならず、このしんどさはただ事ではない。早く技術開発をしなければ。

 「サイバーパンク2077」の発売が延期になったので、プレイする時間ができた。じっくり取り組んでクリアを目指す所存。
posted by Dr.K at 07:00| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: