2020年11月21日

夕餉に潜む罠 「天穂のサクナヒメ」その2

sakuna021.jpg
 田植え唄のイベントに遭遇した。フルコーラスとでも言えばいいのか、ずいぶん力が入っている。長い。そして、この唄が本物の田植え唄なのか、それともゲーム独自のものなのか気になる。

sakuna022.jpg
 神界でチョンボをやらかしたために、鬼の住む島へ追放されたサクナヒメ。島では、5名の人間と生活を共にすることになる。宣教師のミルテは料理が得意で、アクションパートなどで集めた食材を使って夕餉を用意してくれる。メニューも豊富で、食事シーンも凝っているのだが、これが罠なのだ。あっという間に食材が不足し、水だけになってしまう。特に序盤は米の収穫が少ないので、保存食でしのぐなど工夫が必要だ。
 ミルテの献立は謎が多い。食材があっても使わないかと思えば、突然豪勢なメニューを用意したりする。何か考えがあってのことだと思いたいが、まさかランダムではあるまいな。ある程度こちらでカスタマイズした方がいいだろう。難敵に挑む前に満腹度を上げておくなど、考えることはいくらでもある。
posted by Dr.K at 23:31| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: