2020年12月20日

STAND BY ME ドラえもん2

 酷評がすごいので、恐る恐る観に行ったのだが、そんなに悪くない。「ドラクエ」の恨みをドラえもんで晴らすようでは、単なる八つ当たりではないのか。なお、本当に気に入らなかった人は、所詮は前作に8点を入れてしまうような者の感想なので、スルーしていただきたい。

 まず、映像が良い。これは自分でも不思議なのだが、ひみつ道具がアニメになっても大した感慨がわかないのに、3DCGだとわくわくするのはどうしてだろう。スモールライトで変化する視点は楽しいし、タイムマシンで移動中の背景は素晴らしいし、どこでもドアがループになるのに感心するし、入れかえロープ作動中の見せ方も良い。
 そして、原作からの選択がうまい。今回、のび太の結婚式の話になることは事前に知っていたが、前作で結婚前夜の話は済んでおり、きれいに完結していたので、どう続けるのかが気になっていた。なるほど、こうつなげたか。ただ、おばあちゃんの「お嫁さんが見たいねえ」は、マンガではあと1コマでラストという場面のセリフであり、切れ味鋭いオチがなくなったのはもったいない。

 それにしても、大人ののび太が結婚式から逃げたことが、こんなに非難されるとは思わなかった。これはフィクションだし、話の起点に過ぎない。のび太の身になってみれば、しずかちゃんのような完璧な女性に対して、怖気づく気持ちはわかるだろう。(おそらくそのために、この物語でのしずかは異様に完璧に描かれている) 自分ならそんな行動はしない、というのはあまりに冷たい見方ではないか。大人のび太を断罪する者は、他の「ドラえもん」で子供のび太が時折見せるヒーロー性を絶対視しすぎている。
 また、よく指摘される通り、時代設定がおかしい。おばあちゃんがあんな恰好をしているのは、昭和の昔だろう。だとすれば、作中で未来とされる時代は、実は今より昔かもしれないことになる。だがそのビジュアルは、遥かな未来にしか見えない。実はこれ、マンガの通りの表現になっているのだ。この映画、どうやらかなり年配のファンをターゲットにしているらしい。のび太とともに昭和を生きたかつてのファンは、いまや大人のび太を通り越し、その父母に近い歳になっている。そんな人に、のび太の結婚式の列席者の一人になってもらおうという、なかなか渋い贈り物になのだ。子供や若者にこのメッセージは伝わるまい。お子様をお連れの方は、毎年のアニメ映画の方を選ぶべきだろう。

 パンフレットは意欲作。期待を煽るイントロダクションや、評論家によるレビューを載せず、名場面集に徹している。本編はテレビドラマ並みの説明過剰でくどいところがあったが、パンフレットでは情報が削ぎ落されていて好印象だ。

映像美 8
道具再現度 9
パンフレット 8
個人的総合 7
posted by Dr.K at 23:20| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: