2021年02月06日

「Cyberpunk2077」その4 狙撃手に宗旨替え

cp2077_041.jpg
 ビル街を通る、空飛ぶ山車。鯉や龍のホログラフ。日本のようでもあり、中国のようでもあり。「サイバーパンク」の祭は実に美しい。しかし、喧騒に紛れて敵を排除しなければならないので、ゆっくり見てもいられない。

cp2077_042.jpg
 さて、物語もいよいよ後半。サブのミッションで出てくる敵が強くなり、カタナ一辺倒ではつらくなってきた。ところが、「嵐の乗り手」をクリアしたら状況が一変した。報酬のスナイパーライフルが無茶苦茶に強い。何しろ、ミッションが始まる前に超長距離から一方的に敵を減らすことができるのだ。ヘッドショットで瞬殺できるのが気持ちよく、本来なら静かに潜入すべきミッションも、片っ端から敵を消して進む殺戮モードになってしまう(笑)

 最後に、バグ報告(ver1.11)。「行方不明」のミッションで、ベンを救出して指定のポイントに連れて行くのだが、ダコタの使いを「待つ」選択肢が出ず、クリアできなくなった。オートセーブのデータで巻き戻して、何度目かでようやく「待つ」ことができた。指定のポイントまで車で乗り付けず、少し離れたところから歩いて向かうといいらしい。よくわからないバグだ。
posted by Dr.K at 20:19| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: