2020年01月19日

震災から25年

 今年は阪神・淡路大震災から25年目。私は現在50歳なので、人生のちょうど真ん中で地震を経験したことになります。当時の家は倒壊しましたが、今も同じ場所に建て直して住んでいます。しかしあれから25年ですか、どうりで家のあちこちにガタが来るわけだ。

 今日は、近くの寺が年に一度の大祭でにぎわっています。
 あの年も、翌日からの大祭に備えて通りでは屋台が準備されていたのですが、地震でそれどころではなくなってしまいました。しかし、いくつかの屋台は営業しており、食べ物をふるまい、人々を元気づける声掛けをしていました。
 毎年お祭りが無事に開かれると、その時のことを思い出します。

posted by Dr.K at 10:28| Comment(0) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

2020年

 あけましておめでとうございます。

 大晦日はいつも通り紅白を観て過ごしましたが、新元号の始まりだというのに、あまり新鮮さのない中身でしたね。まだ若いのに、メドレーなどで過去の曲を歌っている出場者が多くて気になりました。そんな中、演歌枠で定着していたイメージをかなぐり捨てて、ドラゴンボールを歌った氷川きよしは、誰よりも若々しかったです。
kiyosi.jpg
最初は西川貴教かと思いました。
 さて、今年も総合司会がウッチャンですので、合間にはコント的な要素があります。紅白では、お笑い番組のような尖ったことはできませんので、いつもながらゆる〜い進行です。ところがそこへ、
harukac.jpg
はるかカッター!
 司会ではふわふわの綾瀬はるかですが、なぜかコントは全力です。本家より面白いじゃないですか。この場に呼ばれていない髭男爵が不憫でなりません。
posted by Dr.K at 22:43| Comment(0) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

2019年のブログ

 今年最後の更新は、恒例の人気記事まとめです。以前ほどゲームをプレイできていないこともあり、きちんと新作を抑えている(?)映画レビューの方が、読者を集めるようになってきました。

 「予告なく一斉解雇された」というツイートは衝撃でした。どこの会社かこの時点では不明だったのですが、5月に破産が公表され、アルフリードゲームスで確定しました。当時流れた憶測のせいで、とばっちりを受けた会社もあり、お気の毒です。

●Bit Summit 7 Spirits
 その1(6/9) その2(6/15)
 京都で開かれているインディーズ・ゲームの展示会をレポート。行くことが業務になりつつあるのがつらいですが(笑)、なかなか情報の出回らないマイナーなタイトルと出会えるのが楽しいところ。今調べたら、「Wattam」もう配信されてますね。チェックしないと!

天気の子(8/16)
 実は誉めてないレビューなんですけど、それでもこれだけ読まれるというのは、やはり話題作だからでしょうね。大ヒットで当たり前、というプレッシャーの中、このような賛否の分かれる創作にチャレンジできる新海誠監督は素晴らしいです。

 圧倒される作品であり、色々語りたくなる作品でもあります。担当の学生も多くが観に行っており、すごさがちゃんと伝わっているのに安心しました。そのとき、「面白い」とは異なる感想を言葉にするのに困っていた様子がまた良かったです。

 つい最近のものばかりなのですが、振り返るとけっこう忘れています。ところで、それぞれの作品を観た映画館を思い出してみると、見事にバラバラ。これだから会員サービスに入るのはためらうんですよね。

 来年は、どんな面白い作品と出会えるでしょうか。元号が変わっても、変わらずマイペースに書いていこうと思います。それでは皆様、良いお年を。
posted by Dr.K at 12:16| Comment(0) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

明日は何の日?

 仕事を上がって、帰宅のため梅田駅に向かっていると、突然怪物に出くわしびっくりしました。マスクを付けた人だったわけですが、造形がよく出来ていて感心します。
 それにしてもなぜ今夜仮装なのか。ハロウィンには季節外れですし、近くでイベントがあるような場所でもありません。ただ、どこかで見覚えのある怪物なのが引っ掛かります。
wato.jpg
 思い出した。「スター・ウォーズ」のワトーでした。明日から新作の公開ですので、映画館に並ぼうということなのでしょう。これまでの公開日にも、必ずジェダイの騎士やダース・ベイダーのコスプレがいましたものね。しかし、次のエピソードにワトーは出ていないはずで、わざわざこいつを選ぶセンスは依然として謎です。
posted by Dr.K at 23:32| Comment(0) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月31日

SwitchにマイクロSDカードを追加。高価い…

 1万円で新作が2本ダウンロードできる、ニンテンドーカタログチケットを買いました。オンライン加入者への特典なのですが、なかなか面白いサービスだと思います。
 ゲームは、「FIRE EMBLEM 風花雪月」「スーパーマリオメーカー2」を選択。さっそくダウンロードしようとしましたが、本体の保存領域が足りなくてできません。ハードディスクを積んでいるPS4と違って、Switch本体にはわずかな容量しかないのです。
 ですが、Switchは、マイクロSDカードを使って容量を追加することができます。さっそく店に足を運びましたが、う〜ん。ゲームを保存するとなると、大容量のものが欲しくなりますが、比例して値段が跳ね上がります。また、長く使うものなので、信頼性の高いメーカー品を選びたいところですが、これがまたお高価い。
 結局、カタログチケットの値下げ分をすっかり吐き出すことになりました。

 いよいよニンテンドースイッチライトも発売が近づいてきましたが、ゲームをたくさんダウンロードしようと思ったら、マイクロSDカードの分がかさんで、安くなかったという結果になる人も多そうです。
posted by Dr.K at 23:58| Comment(2) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

BitSummit 7 Spirits その2

bs799.jpg
 私がこのイベントを好きなのは、他ではお目にかかれない珍奇なタイトルと出会えるからです。ただ、最近はインディーズゲームも認知されてきており、市場性をにらんだ完成度の高いプロダクトが増えているように感じます。
 それでは以下、当ブログが応援したい珍奇なタイトルです。

続きを読む
posted by Dr.K at 13:26| Comment(0) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

BitSummit 7 Spirits その1

bs701.jpg
 京都で毎年開かれるゲームショー、BitSummit。今年も行けたのはいいのですが、会場での業務を命じられており、あまり気楽に回ることができなかったのが残念でした。

続きを読む
posted by Dr.K at 23:53| Comment(0) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

改元の日に

 ヨドバシカメラでは「令和」クリアフォルダーを配ってました。商魂たくましい。

 改元なんて、そう何回も経験できるものではありません。
 では、「平成」が始まったとき、私はどうしていたのか。ちょうど受験を間近に控えた浪人生でした(笑) 現役で受かった同級生は昭和のうちに大学生になりましたが、私は平成の入学となるわけで、この出遅れ感は大きかったです。
posted by Dr.K at 20:41| Comment(0) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

2019年

 あけましておめでとうございます。

kohaku18.jpg
 いや〜、昨日の紅白はすごかったですね。最後に登場したサザンオールスターズが、北島三郎やユーミンも巻き込んで大騒ぎ。観客が総立ちになっている紅白なんて初めてじゃないでしょうか。悪いことも多かった昨年ですが、いい厄払いになりました。
 平成最後の紅白だったわけですが、平成を代表する歌手ということなら、もっと他にふさわしい人がいます。でもSMAPは解散しましたし、安室奈美恵は引退しました。結果、昭和から活躍してきた大ベテランが貫禄を見せることになり、ああ、昭和が終わるなあ、という間違った感覚が残りました。
 次の元号は何でしょうか。本年もよろしくお願いいたします。
posted by Dr.K at 23:51| Comment(2) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

2018年のブログ

 個人サイトを立ち上げてから20年、そのサイトがとうとう「インターネット老人会」に載ってしまいました。ろ、老人…。でも冷静になってみると、かの「2ちゃんねる」よりも古いわけです。無理もありません。
 それでは、今年アクセスを集めた記事を紹介します。

 映画がテレビ放送になると、CMがじゃまに感じられるものです。しかし、この時のCMは趣向を凝らした特別バージョンのものが多く、いつになく楽しく見ることができました。

 2周年を迎えた人気ゲーム「誰ガ為のアルケミスト」。そのストアレビューが起こした騒動についての記事です。ただのいたずら、と受け取られなかったところに問題の根の深さがあるように思います。

●シェイプ・オブ・ウォーター
 その1(3/10) その2(3/11)
 今年度アカデミー賞受賞映画。想像の余地の多い、ユニークな物語でした。記事を書いた時のアクセス数は普通だったのですが、夏になって突然読者を集めました。どこかで考察が盛り上がったのでしょうか。

 予定していたDLCの開発中止、また田畑氏の退社についての記事です。プロジェクトを改革したリーダーが突然の退社、こりゃあどうしたって勘繰られますよね。

●未来のゲームが目を覚ます 「BEYOND:Two Souls」
 その1(2013/10/20) その2(10/26) その3(10/29) その4(11/7)
 PS+フリープレイに「BEYOND」登場。それをきっかけに、過去のレビューが読まれた模様です。「未来のゲーム」と感嘆してから5年、同じ開発会社の新作である「DETROIT」は、さらに未来を行くゲームになっておりお勧めです。

 ブログ全般のアクセスは減少傾向ですが、何しろ〈老人〉ですので、欲を出すことなくぼちぼちやろうと思います。それでは皆様、良いお年を。
posted by Dr.K at 16:56| Comment(4) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする