2019年07月02日

コンフィデンスマンJP ロマンス編

●周到なプロモーション
 あまり観るつもりがなかったのに、すっかり乗せられてしまった。
 連続ドラマが放映されたのはちょうど1年前。なので、私を含めたかつての視聴者に内容を思い出してもらう必要がある。そこで、映画の公開に合わせてスペシャルドラマ「運勢編」の放映となるわけだが、この内容にびっくり。見覚えのないキャラが加わっている! 実は、映画よりも後のエピソードとなっているのだ。
 このてのスペシャルドラマは、連続ドラマと映画との間をつなぐようなエピソードにするか、もしくは映画の外伝的なエピソードとなることが多い。「運勢編」は、どちらでもない。だが、新キャラがどういういきさつで加わったのか気になるので、まんまと映画を観せられることになってしまった。こうして宣伝の目的は達せられた。

●安定のストーリー運び
 いつものメンバーがいつものように活躍するのだが、モナコが新キャラなので新規視聴者にとっての良きガイドとなっている。また、香港が舞台で景観も良いので、きちんと映画規模の内容になっている。一部合成感が目立ったところもあったけどご愛敬。竹内結子はさすがの演技、三浦春馬もこれ以上ないハマり役で面白い。歴代ターゲットのカメオ出演など、ファンサービスも抜かりない。

●見事などんでん返し
 虚々実々の騙しあいとなるが、ドラマを観ていた者なら、最後にダー子が全部持っていくことはわかりきっている。しかし、二重三重に用意されたオチは、ほとんどの観客の予想を上回る。あまりにひねりすぎて、「結局どうやってお金を奪ったんだっけ?」と作戦の根本を見失ってしまう観客まで出る始末。
 エンドロールで見覚えのない生瀬勝久の名前が出て、「???」となっていたら、エンドロール後に間髪を入れず登場するなど、最後の最後まで観客をだまし続けていて天晴。元AKBの前田敦子を押しのけて、センターでアイドルをやっているダー子の厚顔も素晴らしい。この調子でキュートなババアを極めてほしい。

キャスティング 9
リアリティ 4
エンタメ度 9
個人的総合 8
posted by Dr.K at 23:29| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

アナと世界の終わり

 ゾンビ映画でかつミュージカルというB級にしかなり得ない組み合わせ。しかし観てみたら、なかなかいい味が出ていた。

第一部:学園ミュージカル
 アナのさえない学生生活を、気合の入った楽曲に乗せて伝える。こんな映画なので、無名の役者しか出ないが、そこは学園ものの本場イギリス、歌もダンスも抜かりない。出来過ぎているうえに、ゾンビが全然出ないので、先の展開が心配になる。

第二部:ホラーコメディ
 ところがある朝、唐突に世界が終わっている。この切り替わりを効果音一つで済ます安直さが素敵。アナは周囲の状況に全く気付かず、予告編のシーンへとつながる。アナたちは、身の回りの物でゾンビに対抗するが、どこかで見たようなスプラッター描写が笑いを誘う。一方、体育会系の野郎どもは嬉々としてゾンビを狩っており、B級ゾンビ映画らしい頭の悪いストーリーになっていく。

第三部:本格ゾンビ映画
 アナは父を探して学校に戻るが、そこはすでにゾンビに侵入されており、一人、また一人と仲間が犠牲になっていく。特筆すべきは、犠牲になった者のその後が映像になっていることで、ただ逃げて終わり、ではない独特のもの悲しさを感じさせる。中盤までのコメディテイストは封印され、本格ゾンビ映画のようなクライマックスに仕上がっている。

 日本では季節外れになってしまったが、こんなものをクリスマス映画として楽しむなんて、イギリス人はほんとどうかしている。日本でもネット界隈では「クリスマス中止」が話題になることがあるが、この映画はその豪華なバージョンと言えるかもしれない。

恐怖度  3
お約束度 8
生存者の意外性 7
個人的総合 6
posted by Dr.K at 00:35| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

甲鉄城のカバネリ 海門決戦

 TVシリーズのその後を描いた、中編アニメ映画。素晴らしい。シリーズのファンに対して、満額回答いただきました!

 生駒以下、主だった人物が全滅しかねない緊張感はなりを潜め、アクションとラブコメ要素が突出した、陽性の作品に生まれ変わり、それが成功しています。
 まず、ヒロインの無名が元気なのが嬉しい。TVシリーズでは、終盤、囚われのお姫様ポジションとなってしまって活躍の場がなかったのですが、「海門決戦」では大活躍。二丁拳銃だった装備が、片手撃ちのショットガンに変更され、豪快なバトルが見られます。また、もう一つの柱となるのが生駒との恋愛エピソード。兄様の呪縛を解かれ、すっかり少女の表情になっているのが新鮮です。
 カバネとの戦いも、映画用にスケールアップしているのですが、これまでの旅で甲鉄城の面々が手練れになっており、負けそうなどとはほとんど思いません。安心して(笑)戦いに身をゆだねることができます。鉄道を活用したアクションも健在です。

 ラストシーンからエンドロールへの流れが完璧なのですが、なんとインド映画のような踊りです。故郷を奪還するまでには、さらなる苦難や犠牲が避けられないでしょう。だからこそ、一瞬の平和を謳歌しているように感じられました。

アクション 9
ラブコメ 9
物語の核心 2
個人的総合 9
posted by Dr.K at 19:33| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

バースデー・ワンダーランド

 5月1日、連休の真っただ中かつ映画の日、劇場は「アベンジャーズ」も「名探偵コナン」も「クレヨンしんちゃん」も満席です。ところが「バースデー・ワンダーランド」はガラ空き。いやあ、売れてないですねえ。かつて「クレヨンしんちゃん」を監督した原恵一は、この現状をどう見ているんでしょうか。

 「クレしん」のせいで、ファミリー層に強い王道の作家と誤解されがちですが、原恵一はアニメ監督としては特異な人です。どんな題材でも、どんな絵柄になろうとも、生活感や現実感が生々しく表現されるのです。「河童のクゥと夏休み」「カラフル」「百日紅」、いずれの映画にもこの特徴ははっきり出ていました。
 そんな原監督が、生活感や現実感とは最も遠い、ファンタジー世界の冒険を描くのが「バースデー・ワンダーランド」です。

 主人公のアカネは、学校をズル休みしています。その原因となるエピソードが、回想シーンで描かれるのですが、ランドセルを背負っているのにびっくり。大人びたタッチで小学生に見えません。一般的なアニメのように、幼い子が幼くデフォルメされていないのです。アニメを見慣れている人ほど、違和感を感じる絵といえるでしょう。実際の小学生高学年はかなり大人びた子もいますから、ある意味リアルな表現と言えます。
 アカネと叔母のチィは、地下室から異世界へ旅立ちます。美しいファンタジーの世界ですが、現実を下敷きにした描写が目立ちます。咲き乱れる花はケイトウです。おいしい食事は栗のスープでした。砂嵐は実写映画のマッド・マックスのようです。水中のシーンでは、架空の生物は登場せず錦鯉に乗りました。
 そして、忘れちゃいけない猫の関所。「猫の恩返し」を思い出す場面ですが、こちらの方がずっと猫の性質をリアルに描いており、猫好きに媚びるかわいさがありません。
 以上のように、リアリティ重視の世界描写は、錬金術や魔法が存在する荒唐無稽なストーリーとは変にずれて感じられます。緊張感がなく、自由過ぎるチィは面白いキャラですが、これも世界の危機に直面しているストーリーとはちぐはぐです。止めに、アカネの母がどうやらかつての〈緑の風の女神〉らしいとわかるのですが、その事で驚かせたり感動させたりしません。型にはまった演出を嫌う原監督らしいのですが、エンターテインメントとしてはひねくれすぎていると思います。

 アカネの家は、母の手で見事にガーデニングされたお屋敷です。また、叔母のチィは、若いのに自分の店を持ち、謎のアイテムに囲まれています。裕福だなあ、では済ませられない浮世離れした人たちですが、このようなファンタジーに片足を突っ込んだ人たちだから、異世界から呼ばれたのかもしれませんね。

風景のリアル 8
食事のリアル 7
物語のリアル 2
個人的総合 6

posted by Dr.K at 00:28| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

名探偵ピカチュウ

 初めて劇場で観るポケモン映画がこれで、どうもすみません。

 長年ゲームで積み重ねられた設定があるので、新しく映画を作ろうとしても色々と窮屈なはず。ところがこれは、びっくりするほど自由です。
 冒頭、主人公というにはあまりにさえない、保険会社勤務の青年ティムが登場。この世界では、ポケモンを持っていないと肩身が狭いようで、友人に誘われ渋々のポケモンハンティングです。いい大人がモンスターボールを投げる滑稽さ、そして初登場のポケモンがカラカラという微妙さ(笑)。「お前にはカラカラで十分だ」と盛大にディスられているようで、笑ってしまいます。
 直後に父の事故死が伝えられ、ティムはライムシティへ。ライムシティは、バトルもトレーナーもモンスターボールもない、人とポケモンが共存する理想郷、と説明されます。「ポケモン」のゲームが持つ仕組みを全否定し、ここからは好きに作るぜ、と宣言しているわけです。事故を捜査した警官役の渡辺謙に「少しは仕事選べよ」と思ったり、満を持して登場したピカチュウの声が西島秀俊でずっこけたりと、あれよあれよという間に話は進んでいきます。
 ポケモンとしての制約からは自由なこの映画ですが、決していい加減なストーリーではなく、ハリウッド映画として緻密に組み立てられた構造を持ちます。話の主軸になるのは、ティムと父の親子関係ですが、それは敵側となるハワードとロジャーの親子関係と対比されて描かれます。笑いありアクションありで、飽きさせない展開もさすが。悪役のスケールが大きすぎて人類補完計画みたいになっているのはご愛敬(笑) 張られた伏線はすべて明確に回収されますが、続編作れないですよね、これ。もうすこしこのオッサン声のピカチュウを見ていたかったです。

 エンドロールは、ポケモンの絵柄でキャストが紹介されるので必見。ポケモンが世界に通用していることが伝わって感動しますよ。

西島秀俊の演技 8
竹内涼真の演技 4
バリヤードの演技 10
個人的総合 7
posted by Dr.K at 22:27| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

レゴムービー2

 充分面白いのに、あまりに不遇で泣けてくる。
 映画館に行ったら観客がたった2人。田舎じゃないぞ、大阪駅の映画館だ。平日の朝イチとはいえ、これはひどすぎる。

 5年前の「レゴムービー」は、全世界のレゴファンを泣かせた大ヒット映画だが、日本では「アナと雪の女王」と公開が重なって不発。一度ケチがついた後の「2」はますます苦しい。
 まず知名度がない。CMなどの宣伝が少なく、ゴールデンタイムに旧作が放送される機会さえなかった。
 次に、途中参加お断りの内容。5年ぶりなのに、前作のオチと話がダイレクトにつながっており、仲間キャラクターの紹介もなし! 海外では大ヒットだったのでこれで良いが、日本では前作を観た人が少ないので致命的。
 見た目に反した大人向けの小ネタも前作譲りで、グリーンランタンやアクアマンなどの最近の題材はともかく、ダイ・ハードやバック・トゥ・ザ・フューチャーまでもがさらっと出てくるので、お子様はおいてけぼりになる。
 そして、エンドロールで確信したのだが、この映画は3Dでの鑑賞を前提に作られている。飛び出したらさぞ楽しかろう、という演出が多いのだ。しかし、日本では不人気なので3D上映は一館もない! 字幕版の上映もほとんどないので、原語での声優いじりが生きてこない。

 女王の自在な変形などレゴらしい動きはパワーアップしているし、物語の舞台は宇宙へ飛び出して広大になっているし、前作で観客を驚かせた現実世界とのリンクもきちんとその先を描いているしで、続編としては及第点以上の出来。DVDが出たときに、映画館で観ればよかった、と後悔する人が続出するところまで前作を踏襲しなくていいじゃないか。公開終了までに劇場へ。一見の価値はある

映像のこだわり 8
歌のこだわり 8
英語版声優のこだわり 8
個人的総合 7
posted by Dr.K at 23:32| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

スパイダーマン: スパイダーバース

 アカデミー賞長編アニメ部門受賞作。まあ、「未来のミライ」が獲るとは思ってなかったけど、ディズニーを押しのけるほどとは、どんなもんかと思い、観に行った。納得である。CGアニメにはまだ表現の開拓の余地があったのだなあ、と感心。でも悔しいので以下は文句ばかり書く

続きを読む
posted by Dr.K at 23:57| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

アリータ: バトル・エンジェル

 よくぞ、よくぞここまでのものを作りあげてくださった! 「銃夢」ファンとしては感謝の言葉しかない。

 まず主人公のアリータが良い。予告やポスターでは大きな目が不気味だったが、本編を観ると全然大丈夫。「アバター」で青い宇宙人にだんだん慣れたのと同じような現象が起こる。これは製作のジェームズ・キャメロンの計算なのだろうか。「アバター」の時よりもCGのキャラが俳優と違和感なく絡んでいて、技術に長足の進歩が感じられる。
 映画の冒頭は、原作と同様、アリータが拾われ、目覚めるところから始まる。アップの映像が多くなるが、3Dで観ると質感に加えて立体感までもが伝わるので、VR一歩手前の存在感が味わえる。アリータの可愛さもマシマシである。

 次に風景が素晴らしい。原作では、スラムの上に空中都市が浮かぶビジュアルが、読者を一瞬で虜にした。映画でもそれが忠実に再現されており、これこれ、これが観たかったんだと大いに満足できる。途中で「君の名は」の「前前前世」みたいになるのはどうかと思うけど。(アリータの吹替は三葉と同じ人なのでますますそう思う)
 なお、3Dで観た場合、主観映像こそないものの、アイアンシティに迷い込んだような臨場感が付加される。

 さらにアクションが極まっている。アリータの機甲術、ザパンのダマスカスブレード、イドのロケットハンマーなど、原作通りの名称が付いた技や武器に、この映画ならではのリアリティで動きが付くのだからたまらない。未来の競技であるモーターボールの迫力も凄まじい。
 3Dだと立体感の分情報量が増え、さらに迫力あるアクション映像を楽しむことができる。

 以上でたびたび書いたように、「アリータ」は、「アバター」「ゼロ・グラビティ」と並ぶ、3Dで観るべき映画だ。だが残念なことに、ほとんどの映画館で3D上映が終了してしまっている。「スパイダーマン」が控えているせいとは言え、なんたる不遇!

 さて、「銃夢」のファンとしては、あまりにもクレイジーなノヴァ教授がどのように描かれるのかが気になるところ。「アリータ」では、ノヴァは様々な人物の意識をジャックして、アイアンシティを監視しているという設定だ。これなら本人は登場する必要がない。出ないのか、残念だなあ、と思って見ていたら、最後の最後、原作通りのメガネで現れた! 本当に忠実に作ってくれたなあ、と感激である。

 文句を付けるとすれば、邦題に「銃夢」と入っていないことと、あまりに未完であること。長い原作をほとんど省略しておらず、続編の余地だらけだ。モーターボールの本戦が始まれば、ジャシュガンとの対決が待っている。ザパンもちゃんと復讐の機会を残している。何より、ノヴァとの対面が控えているのだ。ザレムが観たい! とアイアンシティの住民のような気持になる。

映像美 9
原作リスペクト度 10
続編必要度 9
個人的総合 9

他の方の注目すべき批評
忍之閻魔帳:バーチャルボーイはひどい。
映画にわか:「FF7」のミッドガルとの類似を指摘。
posted by Dr.K at 23:38| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ

 この「シティーハンター」は、他のリバイバル映画とは一味違う。筋金入りというか、気合の入った懐古趣味である。

 現在を舞台にした新規のストーリーなのに、何一つ新しくなってない。劇画調の絵柄、ギャグのテンポ、勢ぞろいしたかつての声優、何もかもが昔のままだ。エンドロールの「Get Wild」だけでなく、劇中でも聞き覚えのある曲がガンガンかかり、その瞬間、空気までもが90年に逆戻りする。「シティーハンター」シリーズをあまり見なかった俺でもそうなのだから、往年のファンならイチコロだろう。若い層にアピールしようと、余計なことをしていないのが好ましい。
 世の中は変わっていくものだが、アニメの中くらい変わらなくてもいいじゃないか。冴羽獠は、いつまでも若くカッコつけていて、最強でいい。老け込んで時代に取り残されたりしないし、古臭いギャグを恥ずかしがったりしないのだ。技術的にも昔のままで、ドローンなどの現代的な兵器にこそ3DCGが活用されているが、車は手描きとこだわっている。

 オープニング、現在の新宿駅に伝言板はないので、依頼人はスマホのアプリから合言葉を書き込む。ところが結末、伝言板が復活した。時代に逆行するエンディングは、「シティーハンター」はこれからも変わらない、という宣言だ。そこまで言うなら付き合うしかないではないか。

話の古さ 8
ギャグの古さ 10
曲の古さ 10
個人的総合 5
posted by Dr.K at 22:21| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

シュガー・ラッシュ:オンライン

 邦題のせいで、「シュガーラッシュ」がオンラインゲームにバージョンアップするのかと思いましたが、そんな話ではありません。今回は、ラルフとヴァネロペがインターネットの世界へ飛び出します。

 とにかく、このネット世界の描写が素晴らしくて。乱立する未来的なビルで表現されたウェブサイト群も美しいのですが、ネット上の事象に形を与えるアイデアの数々が見事です。しつこい押し売りのようなポップアップ広告、クラブのような動画サイト、そして一番面白かったのが予測検索の擬人化でした。
 ヴァネロペは、ディズニーのサイトを訪れます。ここで、予告編にもある通り、歴代ディズニープリンセスが登場します。シンデレラが、ガラスの靴をたたき割って武器にする武闘派になってます(笑) そして驚いたことに、プリンセスたちは、ちゃんと元の声優が声をあてています。こういうところをいい加減にしないのはさすがですね。ディズニーのサイトでは、スター・ウォーズやマーヴルのキャラも登場し、これらの作品がディズニー傘下に入ったことを実感させます。
 う〜ん、ちょっとネタの幅が広すぎますね。ある程度ネットにはまっていないとわからないことだらけですし、ゲームキャラも引き続き出ていますし、ディズニー及び傘下の会社の映画も知っておいた方がいい。ディズニーらしからぬマニアックさです。

注:以下にネタバレを含みます!

続きを読む
posted by Dr.K at 19:44| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする