2020年04月11日

サーホー その2

 アクションゲームで、道中のザコ戦に歯ごたえがあり過ぎて、ボス戦が始まるまでに疲れちゃってる、なんてことがたまにある。「サーホー」はまさにそんな感じ。

 冒頭、ロイ・グループの説明が速い(笑) 「バーフバリ 王の凱旋」の上映時に、「伝説誕生」を5分にまとめたダイジェストが流されたが、それに匹敵する情報量だ。力のあるマフィアなのだな、と思ったところでボスがあっさり暗殺される。
 一方、ムンバイでは、警察が謎の窃盗団に手を焼いていた。その捜査に指名されたのが主人公のアショーク。ゴロツキの巣窟を一人で制圧する格闘術、現場を見ただけで事件の真相がわかる洞察力を持つスーパーマンだ。一方で、好みだからという理由で(?)アムリタをチームに入れ、モーションをかけまくる軟派野郎でもある。いつの間に「シティーハンター」がインドで実写化されたんだろう、言っちゃあ何だがよくある話だ。
 しかし、捜査も大詰めとなったところで、大どんでん返し! 唖然としたところでタイトル! もう1時間以上経っているぞ。

 そこからは加速する一方。ストーリーは二転三転し、今こいつ味方だっけ? 敵だっけ? と混乱することもしばしば。これは何度か観ないと理解できそうにない。アクションシーンも極まっており、趣味のスカイダイビングのエクストリームっぷりには狂気しか感じない。そして、シチュエーションを次々に変えて盛り込まれる戦い、そして戦い。クライマックスまでに観客のほとんどが息切れしてしまう凄まじさだ。
 マフィアの抗争を扱った作品だと、悲劇的な結末に終わるものも多いが、「サーホー」の勢いは止まらない。観客は、近未来に蘇った「バーフバリ」を称え続けるしかない。王を称えよ、未来でも称えよ。

圧倒的カリスマ 10
圧倒的アクション 10
圧倒的強引さ 10
個人的総合 8

他の方の「サーホー」レビュー
アジア映画巡礼:ダンスシーンのムービーを紹介いただいてます
Machinakaの日記:ネタバレあり感想。マイケル・ベイ3本分(笑)
posted by Dr.K at 17:29| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

サーホー その1

 いつの日か、この作品で満員の映画館が沸くのを見たい。心からそう思う。

 「サーホー」は、「バーフバリ」のプラバースが主演するインド映画。近未来都市ワージーを舞台に、マフィアのロイ・グループの跡目争い、それにともなう莫大な財をめぐっての攻防が描かれる。
 3時間にわたる怒涛の映像は、どこを切り取っても演出過剰。一度ではとても書ききれないので、今回は恋愛パートについてとりあげる。

続きを読む
posted by Dr.K at 23:19| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

1917 命をかけた伝令

 良い映画だということは伝わるんだけど、なんだかのれない。多くの映画を観ていると、たまにこういうことがある。

 第一次世界大戦のイギリス軍、主人公の青年は、前線に攻撃中止の文書を伝えるよう命じられる。この伝令兵を観客にリアルに体験させる、というのが作品の方針である。
 カメラが主人公を追い続けるワンカット風撮影で、主人公が見聞きしない状況は一切説明されない。主人公に無名の俳優を起用し、キャラクター性を想起させない。この伝令の活躍は史実ではないが、ドキュメンタリー風の抑えた演出がさらなるリアリティを醸し出す。

 まず、ワンカット風の映像だが、メイキングを見ると確かにすごい。ただ、CGと比べては申し訳ないが、戦争もののゲームであれば似たような見せ方のものはあるし、自ら操作している分没入感も強い。三人称の全編ワンカットということであれば、PS4の「GOD OF WAR」もやっていて、素晴らしい効果を上げていた。ワンカット風の映画と言えば、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」もそうなのだが、あちらは、バトンタッチのように被写体をリレーしていく遊び心のある使い方だった。
 そして、主人公の視野のみで説明され、戦況を俯瞰しない物語は、「ダンケルク」と共通する。ただし、ダンケルクは陸海空それぞれの主人公がおり、それらが集約されることでクライマックスが盛り上がる。「1917」の方がはるかにストイックだ。

 結局のところ、私はストーリーラインのハッキリした、娯楽作品の方を好むということらしい。

劇場向け 10
撮影技術 10
風景美 8
個人的総合 5

他の方の注目すべきレビュー
三角締めでつかまえて:「地獄めぐりライド映画」とはよくぞ言った!
モンキー的映画のススメ:撮影が気になって没入してない! 確かに…
posted by Dr.K at 19:55| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

英雄は嘘がお好き

 それでは一席。
 時は19世紀のフランス、ボーグランのお屋敷では、次女のポリーヌの婚約が決まり、朝からにぎやかでございます。そこへお相手のヌヴィル大尉、真っ赤な軍服に白馬で颯爽と参上。まるでおとぎ話ですな。一方、ボーグランの長女であるエリザベットはにこりともしません。どうも大尉を信用してないご様子。
 婚約の挨拶もそこそこに、軍の伝令が飛んできて、大尉は戦場へ連れていかれます。毎日手紙を書くよ、と約束しますが、これが全く来ない。エリザベットによれば、女たらしのロクデナシ、なんだそうで。思い込みの激しいポリーヌは、すっかり落ち込んで病に臥せってしまいます。
 エリザベットは一計を案じ、大尉からの手紙を創作。たちまち元気になるポリーヌに気を良くし、手紙の内容はどんどん壮大な武勇伝に。エリザベットは大阪人の素質ありまんな、調子に乗って話が盛り盛りになるあたりが。で、ついには大尉に名誉の戦死を遂げさせてしまい、村に記念碑まで建つ始末。
 ところがどっこい、大尉は生きとった。しかもみすぼらしい脱走兵になっているではありまへんか。

(ほな、ここからはネタバレでっせ)

続きを読む
posted by Dr.K at 17:19| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

プレーム兄貴、王になる

 コロナウイルス対策で、テーマパークもスポーツもライブも何もかも中止! 世間の自粛ムードにうんざりしてきたので、映画館へGO。

 「プレーム兄貴」は、歌って踊ってハッピーエンドというコテコテのインド映画で、色々と憂さが晴れる。大変よろしい。主演のサルマン・カーンは、「バジュランギおじさん」の時とよく似たキャラを演じており、寅さんのような安心感。王位継承が間近のヴィジャイ王子(サルマン・カーン)が命を狙われ、たまたま似ていた貧乏役者のプレーム(こっちもサルマン・カーン)が、替え玉を頼まれるという、どこかで聞いたような話だ(笑)
 インドは、古いものと新しいものとが入り乱れるのがすごい。王族や宮殿が出てくるが、あくまで現代の話であり、クラシックな馬車の中でスマホを使うシーンがあったりする。一番シュールだったのはサッカーのシーン。プレームは、王子の妹の気を引くために、スピーチの最中にいきなりサッカーをやろうと言い始める。なぜかパンジャーブ地方の夫婦(?)が、真っ先にノッてくるのだが、浦和のレッズファンみたいなものなのだろうか。ここで歌と踊りに突入するが、民族衣装の女性がボールを蹴るだけでもおかしいのに、少林サッカーのごとき演出まで追加されるのでわけが分からない。
 ストーリーは、笑いだけでなく、恋愛あり、アクションありと、インドお得意の全部盛り。とにかくプレームがいい奴過ぎるので、ハッピー過ぎのエンドもまあいいかと思ってしまう。気になった点としては、ところどころ、場面の切り替えが乱暴なこと。日本で上演するにあたって、一部カットにでもなっているのだろうか。

 こういうタイミングだからこそ、楽しいだけの作品の大切さを実感する。

ハゲの変装力 10
王女の美しさ 9
主役のカリスマ 8
個人的総合 7
posted by Dr.K at 22:32| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

 鑑賞後に、パンフレットのあらすじを読んだら、本編を観たはずなのに知らないことがたくさん書いてある。EP8の結末から、今作の始まりまでが説明されているようだ。「ヱヴァQ」みたいな事やりやがって。映画だけで伝わらないことが多すぎる。

 三部作は計画的に。
 一番言いたいことはこれ。EP8に賛否があったのは知っているが、だからといって強引に軌道修正し過ぎである。
 EP8でスノークが亡き者にされたが、代わりのボス敵として何の予兆もなくパルパティーンが復活。追い詰められ、壊滅状態のはずのレジスタンスは、何の説明もなくメンバーを募って勢力を戻している。EP8で新登場のローズは、階級が上がる代わりに出番がなくなった。野心あるハックス将軍は、小者の本性を暴かれるやあっさり殺される。カイロ・レンは、捨てたはずのマスクをわざわざ修理。誰でもない、と言われたレイの素性は、やはり特別な血筋だった。そして、EP8でライトセイバーを捨てたルークは、霊体になってまでレイのライトセイバーを拾い、「ジェダイの武器に敬意を払え」と叱る。お前が言うな。
 ビジュアルの作りも言い訳がましい。シリーズ過去作が手を付けていない場面を見せようとして、ストーリーが後回しになっている。シスの大艦隊は、過去最大の戦力だが、あまり動きがないので思ったほどの迫力がない。そもそも、都合よく未知の宙域があって、シスが集結しているなんて、ファーストオーダーもレジスタンスも迂闊すぎだろう。デス・スターの残骸というロケーションは素晴らしいが、そんな重要そうな場所が未調査というのも疑問。レイとレンの戦いの舞台も、EP3でオビ・ワンとアナキンが溶岩を背景に戦ったので、今度は津波をバックにバトルだ、という発想だろうか。
 旧作に比べ、この三部作では人間関係が希薄なのが気になる。単独行動が多いのだ。戦いが終わり、レイ、フィン、ポーが互いの無事を祝うシーンがあるが、十分な関係が築けておらず感動しない。ポーは、わがままなエースパイロットから思慮深いリーダーへと成長中だが、まだレイアの後を託されるほどの器ではない。フィンは敵に詳しいので潜入ミッションが多いが、そのたびに相棒が代わるモテ男に成り下がっている。ダース・ベイダーに並ぶことを期待されたカイロ・レンは、悪の道も剣技も極めることなく、中途半端に終わった。
 孤独に始まり、孤独に終わるレイを見るにつけ、ハン・ソロの偉大さが浮き彫りになる。ルークにとって、国もジェダイも関係なく付き合ってくれるこの友がいかに大事だったか。ランドの再登場も遅すぎた、ハン・ソロとの掛け合いがないのは寂しすぎる。

 40余年を経てシリーズを締めくくったので感慨はあるが、この三部作に限るとだいぶがっかり。いっそのことファースト・オーダーとレジスタンスが共闘してシスを倒すくらいのことをやってほしかった。冒険しないスター・ウォーズなんて誰が観たいんだ。

意外性 2
懐古度 8
前作否定度 9
個人的総合 6
posted by Dr.K at 11:02| Comment(2) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

ジョジョ・ラビット

 第二次大戦末期のドイツ。ジョジョは、ナチスに心酔する10歳の少年。友達も少なく気弱なジョジョを、想像のヒトラーが励ます。ある日、自宅の隠し部屋にユダヤ人の少女エルサが匿われていることを知ったジョジョは、彼女を追い出そうとするも、協力者としてジョジョも母も死刑になる、と逆に脅されてしまう。

●ジョジョがカワイイ
 主演の子役がとにかくかわいい。だからこそ、「ハイル・ヒットラー!」を叫びながら無邪気に走る姿に戦争の異常さを感じる。そこに流れるビートルズの軽快な曲、どんな顔をして見ればいいのか困惑する組み合わせだ。
 10歳の視点から見た世界では、ヒトラーユーゲントの合宿も、林間学校のような陽気さ。教官のキャプテンKは、開口一番「戦争は敗色濃厚」と言ってしまうやさぐれ将校で、曲撃ちを披露してノリノリだ。ミス・ラームも明るく焚書の号令をかける。アカデミー賞脚色賞は伊達じゃない。戦争ものにこんな切り口があったのか、と驚いた。

●ヒトラーがカワイイ
 本物は恐ろしい独裁者だが、ここで登場するヒトラーは10歳の子供の想像に過ぎない。賢いところが全くなく、コミカルそのもの。こんな役を監督が自ら演じているのだから恐れ入る。ジョジョが信じている間は、ヒトラーらしく強くふるまうが、エルサとの交流を経て、ジョジョの信心が揺れるとトーンダウン。「小さくでいいから敬礼して」と懇願する姿はキュートですらあった。

●戦争は変わらない
 あくまで見え方が違っているだけで、残酷な現実は容赦なく襲ってくる。ついに市街戦が始まり、ジョジョは死地をさ迷う。この戦闘シーンが異様である。ここまでの愛すべき登場人物がそれぞれに戦い、消えていく。キャプテンKは、自分が考えたバカバカしい衣装で戦う。先に、シェパード(猟犬)を集めてこいと言われた部下が、羊飼いのお爺さんを集めてしまう、というギャグがあったのだが、そのお爺さん達も武器を取り戦っている。ミス・ラームは重火器で突撃する。絶望的な戦いが、祭りのように演出されている。

●エルサがカワイイ
 エルサは賢い少女だ。ジョジョがユダヤ人の弱点を聞くと、すかさず食べ物を挙げる。海外にも「饅頭怖い」があるのかと笑ってしまう。ナチス受け売りの偏見にも冷静に対応。ジョジョが婚約者のふりをして書いた偽の手紙に、つきあってあげる優しさもいい。
 ラストシーンの二人の表情は最高だ。色々なものを失ったが、戦争は終わった。子供たちよ、歌って踊れ。

タイカ・ワイティティ 8
サム・ロックウェル 9
スカーレット・ヨハンソン 10
個人的総合 8
posted by Dr.K at 23:53| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

僕のワンダフル・ジャーニー

 「僕のワンダフル・ライフ」は、2017年公開の映画。幾度も死んでは生まれ変わり、飼い主との再会を目指す犬の物語は、多くの愛犬家に支持された。
 「僕のワンダフル・ジャーニー」はその続編となるのだが、予想した内容とかなり違う。私は、前作が非常にきれいに終わっていたので、別の飼い主、別の犬で全く新しい話がつくられると思い込んでいたのだ。
 物語は前作のその後から始まる。犬のベイリーは、飼い主のイーサンと幸せに暮らしている。イーサンの気がかりは孫娘のCJ。ベイリーに死が訪れたとき、イーサンはCJを守ってくれるよう頼む。こうして、ベイリーの生まれ変わりの旅が再び始まった。
 生まれ変わるたびに境遇が激変し、イーサンと再会することが不可能と思わせた前作と異なり、今回は簡単にCJと出会える。その代わり、CJの人生が丁寧に描写され、視点が人間側に寄った作りになった。とはいえ、犬側から解釈された人間観察は健在で、意図的に前と違う犬種がラインアップされるなど、愛犬家へのサービスもばっちり。笑いあり感動ありで、誰にでも勧められる良い映画だ。ただ、エンディングはちょっと演出過剰だった。ここまでやってしまうとさすがにもう続編は無理だ。

イーサン達観度 10
犬の演技力 9
予告ネタバレ度 8
個人的総合 7

posted by Dr.K at 14:47| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

この世界の(さらにいくつもの)片隅に

 この記事では、映画「この世界の片隅に」を「片隅」、「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」を「さらにいくつもの」、マンガ「この世界の片隅に」を「原作」と、それぞれ略して表記します。

kskse.jpg
 「さらにいくつもの」を観て帰宅し、私がまずしたことは、「片隅」のブルーレイを再生することでした。

 「さらにいくつもの」は、続編ではありません。「片隅」のヒットを受けて約30分の物語が足された〈長尺版〉です。「片隅」は、原作をかなり大胆に省略していましたが、「さらにいくつもの」はいくつかのエピソードが復活し、原作に近くなりました。
 さて、私がブルーレイで確認したかったのは、画像の場面。最終カットとなる、北條家の全景です。「さらにいくつもの」では、終戦直後、枕崎台風のエピソードが追加されました。庭の木が倒れ、裏の崖が崩れ、北條の家に大きな被害が出ます。なのでこの通り、屋根がずいぶん壊れているわけですね。
 一方、「片隅」には、枕崎台風の場面はありません。では、結末の家はどうだったのだろう、と思って確認したところ、上の画像の通りだったのです。つまり、エピソードはなくても、台風はあったものとしてもともとちゃんと描いてあったのです。

 「さらにいくつもの」は、一事が万事こんな感じで、手帳が破いてあるのはどうしてか、口紅はどこで手に入れたのか、エンドロールで円太郎が持っている鍬の由来は、など、原作読者だけが知っていた「片隅」の余白をことごとく埋めていきます。ですので、もしかすると、「さらにいくつもの」の方が、初めて観る人にもすんなり理解できる話になっているかもしれません。しかしながら、「片隅」の2時間で済むテンポの良さも捨てがたいところがあります。
 リンさん絡みの追加部分は、なぜこんな大事な場面が削られていたのか、と思うほど印象深く、すずさんのキャラクターを別の角度から掘り下げています。

 さすがに「片隅」のように大ヒットとはいきませんが、「さらにいくつもの」のブルーレイが発売になるのかどうか、気になるところです。

印象の変化 7
物語の深み 8
パンフレット 10
個人的総合 8
posted by Dr.K at 23:28| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

シンクロナイズドモンスター

 「レ・ミゼラブル」での熱演で助演女優賞を獲得したアン・ハサウェイが、見るからにしょうもない怪獣映画で、落ちぶれた役をやっている。きっと、悪いプロデューサーに騙されて出演したに違いない。と、思ったらなんとこの映画、アン・ハサウェイが自ら製作総指揮をやっている。なんなの、この人。

 主人公のグロリアは、Webの仕事をクビになったライターで、現在は無職。働かず飲んだくれていたら、彼氏に家から追い出された。田舎に帰って、幼馴染のオスカーと出会い、とりあえず彼のバーで働くことにする。田舎の友達と飲んでだべる、テンションの低いつまらない話だ。
 ところが時を同じくして、韓国のソウルでは大怪獣が出現し、世界的なニュースになっていた。グロリアは、この怪獣の仕草が自分と同じであることに気づく。きっかり朝8時、グロリアが近所の公園に立つと、予想の通り、ソウルに怪獣が現れた。そして、そのことを知ったオスカーが公園に足を踏み入れると、今度は怪獣の隣に巨大ロボットが出現するのだった。

 奇抜な話は興味を引くものの、怪獣のシーンはごくわずか、だいたいは田舎の飲んだくれの映像なので、さえないことこの上ない。酔っぱらいの一挙一動のせいで、ソウルは恐怖に陥れられている。罪悪感に怯えるグロリアと対称的に、オスカーはどんどん自意識を肥大させ、ソウルに被害を出したくなければ俺に従え、とグロリアを脅迫する。
 ここらで、この作品の怪獣が暴力や抑圧のメタファーであることがわかるのだが、だからと言って、グロリアとオスカーだけがこの怪現象を起こせる理由の説明があんな適当とは、開いた口がふさがらない。とはいえ、怪獣ごっこを真剣に演じるアン・ハサウェイなんて、もう二度と見られないので貴重な珍品なのは間違いない。

アイデア 9
盛り上がり 2
邦題 8
個人的総合 3
posted by Dr.K at 21:13| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする