2020年06月13日

オーケストラ!

 舞台はロシアのボリショイ交響楽団。清掃員のアンドレは、かつては天才的な指揮者だった。80年、共産党の意向に背いてユダヤ人の奏者たちを守ったために、楽団は解散させられ、音楽活動を禁じられたのだ。
 ある日、ボリショイ交響楽団にパリでの演奏依頼のファックスが届く。アンドレはそれを盗み取り、30年前の団員らを結集した偽の交響楽団で仕事を受けることを思いつく。

 ラストシーンの演出が面白い。
 ごたごたを乗り越えて実現したコンサートを、十数分にわたる圧巻の演奏シーンで描写する。しかし、いくら演奏が素晴らしくても、そのままではオーケストラ中継になってしまう。そこで、演奏中の心理の変化を表情で伝えたり、物語の種明かしとなる回想シーンを織り込んだりと、映像が退屈にならないよう工夫を凝らす。さらに、曲の後半では、普通だったら演奏後に描かれるであろう、後日談となる場面をテンポよく挿入していく。未来なのか妄想なのか、一瞬解釈に迷うような見せ方だ。
 しかし、この見せ方のおかげで、演奏が終わった瞬間にビシッと映画を終わることができるのだ。これは鮮やか。年齢の高い楽団員の中で、一人だけ若いメラニー・ロランの美しさも特筆ものである。

混迷度 8
音響 9
爽快度 9
個人的総合 7
posted by Dr.K at 23:45| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

「未来少年コナン」06 ダイスの反乱

 コナンはラナを連れて三角塔を飛び降りる。

msc061.jpg
 何十年経っても鮮烈に憶えているのがこのシーン。高層ビル並みの高さを飛んで、見事着地する。人間離れしたアクションの反面、足からビリビリとしびれる妙なリアルさがあって、子供の想像力に訴えかける。
 逃亡中、コナンはギガントの格納庫にたどり着く。物語の終盤で登場する最終兵器が、早くも顔見せ。動いていなくても素晴らしいデザインだ。
 コナンとラナは捕まり、レプカに尋問される。一方ダイスは反乱を企て、ラナを奪って逃げる。一見統制のとれているように見えるインダストリアの面々が、全然一枚岩でないのが面白い。レプカは少しでも早く太陽エネルギーを獲得したい。モンスリーはコナンを仕込んで兵士にでもしようというのか。そしてダイスは、海の男としての自由を求めてラナを人質にとる。それぞれに人間臭いところがあって今後が楽しみになってくる。
posted by Dr.K at 23:27| Comment(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

若おかみは小学生!

 予想外の感動作として話題になったアニメ映画。児童文学が原作ということで、昭和の幼年マンガのような見た目だが、少なくとも映画に関しては全く子供専用ではない。
 おっこは交通事故で両親を亡くし、「春の屋旅館」の祖母に引き取られる。旅館には幽霊のウリ坊が住みついており、彼にそそのかされて、おっこは若おかみを目指すことになってしまう。
wakaokami.jpg
その時の変なポーズ。昭和の頃にどこかで見たような気がするが、思い出せない(笑)
 旅館での生活は楽しいばかりでは済まず、問題のある客が度々訪れ、おっこは窮地に陥る。ここで、小学生という設定が生きる。おっこがストレートにぶつかっても嘘くさくないのだ。大人には、このような直情的なやりとりはできない。また、おっこは小学生なのでここより他に居場所がない。大人だったら、別の仕事、別の場所を自ら探すという事もあるはずだ。
 特に感心したのが悲しみの表現で、両親を亡くした割には、おっこは旅館に来た時からいきなり元気だ。母を亡くしてふさぎこんでいるあかねの方が、よほど普通に見える。しかし、おっこは立ち直ったのではなく、死を受け入れていなかったのだ、ということが明らかになる。親の布団にもぐりこむ夢とも思い出ともつかないシーンに、背筋が寒くなる。ただ泣きわめくよりその悲しみはリアルで深い。
 身の回りをいろんな幽霊がうろうろしているファンタジックな世界観だが、人の心の機微については地に足の着いた描写が貫かれており、この良さが子供にもきちんと伝わればいいなと思う。

風景美 8
キャラの古さ 7
子供向け度 3
個人的総合 8


posted by Dr.K at 01:00| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

「龍が如く7」その3 強制労働日記

ryu7031.jpg
 9章まできたが、石尾田礼二に勝てない
 石尾田は反撃のスキルを持ち、攻撃の手数が多い。加えて、周りのザコの攻撃が集中すると、HP満タンの春日が1巡目で死んでしまう。

 今までの「龍が如く」は、アクションゲームだったため、自分の操作でどうにかできたが、「7」はRPGなのでそうはいかない。レベルを上げてみたり、武器を買ってみたり、仲間の職業を変えてみたりと、工夫してみるのだが、目覚ましい改善は見られない。
 仕方なく攻略サイトに頼る。
 「鎌滝えりを加えてパーティーの人数を増やすべし」
 驚いた。あの姉ちゃん仲間になるのかよ。
 そして、仲間になる条件は、鎌滝えりから依頼される〈会社経営〉の最初の目標をクリアすること、とある。
 非常〜にまずい。
 〈会社経営〉ゲーム、よくわからないままに進めて、赤字を出し、株主総会も失敗。目標からどんどん遠ざかっていたのだ。
ryu7032.jpg
どうせうまく行かないし、後回しでいいや、と放置していたサブゲーム。まさかこのタイミングでクリアを強要されるとは思わず、「龍」らしからぬ強制労働モードに突入である。
 会社なんかやっている間に、コミジュルが壊滅してしまうぞ。
posted by Dr.K at 10:29| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

「未来少年コナン」05 インダストリア

 インダストリアに着いたコナンは、囚われているラナを発見する。

 ここまでたった5話。まじか。
 見た瞬間に伝わる不穏な空気がたまらない。何しろ私にとって、人生初のディストピア体験となったのが、この「コナン」のインダストリアと、「地球へ…」のアタラクシアなのだ。

msc051.jpg
 一方、モンスリーは、場違いなほど少女趣味の恰好で登場。制服とのギャップが凄い。そして、この姿でなおも冷徹な悪役というところが最高でしびれる。宮崎駿はナチュラルにオタクを煽るから困る。そりゃダイス船長も惚れるわけである。
posted by Dr.K at 20:33| Comment(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

宇宙イカ革命「Splatoon2」 その25

 10か月ぶりのフェスは、復刻フェスと銘打ち、第1回と同じ「マヨネーズvsケチャップ」というお題で開催された。第1回の頃の私は、Switchをまだ買えていなかったので、遅れを取り戻せた感じで嬉しい。なお、復刻とはいうものの、後に追加されたステージはもちろん使われるし、〈レギュラーマッチ〉が実装されているため、厳密には過去のままではない。

spla2252.jpg
 ラストフェスからそれなりに期間が経っているにもかかわらず、多くの参加者でにぎわっている。印象的だったのが、ランク2〜3などの、極端に低ランクのプレイヤーがけっこういたこと。新規にアカウントを作っただけのベテランもいるだろうが、直前に無料体験期間もあったので、新規のプレイヤーが増えているのかもしれない。「どうぶつの森」で本体を買ったユーザーが、2本目としてこのゲームを選ぶ可能性は大いにありうる。

spla2253.jpg
 それにしても、毎度毎度このときだけのために緻密なイラストをアップする職人さん達には頭が下がる。こんなことに時間をかけて、試合の方にはちゃんと出られるのだろうか(笑)

spla2251.jpg
 結果は、ケチャップ側の勝ち。(上の絵はハズレ)
 完勝ではなく、〈レギュラーマッチ〉だけは負けていた。私も戦犯の一人で、何しろ久しぶりなので、初めは操作さえ怪しかった。日々鍛錬を欠かさないイカ戦士諸君には迷惑をかけ申し訳ない。そして、慣れたころに終わってしまうのがフェス。これだけにぎわっているのなら、さらなる復刻もありそうだがイカに。
posted by Dr.K at 11:04| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」、連続上映継続中

 2016年公開の「この世界の片隅に」は、根強い支持によって、全国のミニシアターで上映が継続し、連続上映は1133日(3年超!)に及んだ。これは、中断日のない記録としては、日本で最長だそうである。
 そうなると、昨年公開の「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」も、ロングランを狙いたいところ。実際、各地のミニシアターで転々と上映が続いており、経過は順調だった。
 しかし、そこへコロナである。緊急事態宣言が全国に発令され、すべての映画館が休業を余儀なくされる。連続上映は途絶えた。

…かと思われたが。

kssikmj.jpg
 なんと、茨木の土浦セントラルシネマズが、無観客上映という意味わからん力技で、記録をつないでいたのである。これは驚き。試験やらスポーツやらではないので、固いことは言わずに、こういう酔狂にはぜひ乗っていきたい。
 現在は、各地で映画館が再開されている。ラインアップを見る限りは、まだまだ通常営業とは言い難い状況だが、まずは営業しているということを喜びたい。
posted by Dr.K at 10:44| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

「龍が如く7」その2 スジモンGETだぜ!日記

ラ・ラ・ラ 言えるかな
き・み・は 言えるかな
スジモンのなまえ〜♪

ryu7021.jpg
 「龍が如く7」、横浜に舞台を移してからは平常運転(笑)。汚ぇペルソナ、と評されるバトルにも慣れ、数々のドラクエパロディを投げ込んだ挙句、ついにこれである。
 特に新たなミッションをやれ、というのではなく、倒した〈その筋の者〉が記録され、図鑑になっていく。およそ集めたくないし見返したくもない。博士の名前が大鬼怒博士でないのは不満。

sgggnukachyu.jpg
 セガがポケモンをネタにするのは実は二度目。こちらは「セガガガ」の中で開発されるゲーム。さすがにヤバいとなったのか、通常のプレイで出現することはない。初回生産のディスクにだけ残っていた没データのようで、怪しいセーブデータを使った時のみ見ることができた。多数の企業が容赦なくネタにされており、大いに笑ったものだ。
posted by Dr.K at 10:44| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

「未来少年コナン」03 はじめての仲間

 コナンは海を越え、別の島を見つける。そこは無人かと思われたが…

 ジムシィとの出会いが描かれる第3話、40年以上たってもその個性は際立つ。今まで、コナンの野生児ぶりをこれでもかと見せられてきたが、ようやく出会った新キャラが、まさかもっと野生児とは。一人で生き抜いてきた人生観も独特で、本当に驚かされる。
msc031.jpg
 そしてこの競走である。謎の並走アクションは、幼少時の私にとって大変なインパクトがあった。これぞ宮崎駿の原点にして真骨頂。あまりに印象深いため、ファンの間で〈コナン走り〉と呼ばれるようになった。

msc032.jpg
 「カリオストロの城」の冒頭で、その走りがまんま継承されている。よほどお気に入りのアクションだったに違いない。
posted by Dr.K at 16:19| Comment(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

「龍が如く7」その1 荒川組長半生記

 開幕が突然の時代劇で面食らう。あれ、これ「見参」や「維新」だったっけ。劇中劇とわかっても、誰だかわからない登場人物のドラマにそわそわ。年月が流れ、少年はヤクザになる。
ryu7011.jpg
 それが荒川組長である。中井貴一の重厚な演技で、無茶苦茶かっこいい。ゲームの冒頭はこの組長の背景を掘り下げることに終始するため、主人公のはずの春日一番もすっかりかすんでしまう。
 あれれ〜? サブゲーム満載のコミカルなゲームと伝え聞いていたんだけどなあ。ムービーばかりでゲーム部分がほとんどないじゃないか。ストーリーもシリアスそのもの。なんとも不気味な導入部だ。
posted by Dr.K at 23:31| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする