2017年02月20日

憎いほどの貫禄 「Gravity Daze 2」その3

gd203.jpg
 サブストーリーで、色々なコスチュームを見せてくれるキトゥンちゃん。アクションゲーマーを自認する諸氏には、またそんな余計な萌え要素を…と文句を言いたくなる気持ちは分かるが、ちょっと待ちたまえ。

 「グラビティデイズ2」には、フォトモードがある。オープンワールドのゲームに写真撮影のミッションが付いていることは、最近では珍しくない。だが、「グラビティデイズ2」のフォトモードは一味違う。
 まず、空中を自由に浮揚できるゲームなので、写真の自由度が桁違いである。隠し撮りのミッションなどもあり、ゲーム自体がかなりフォトモードを推していることがわかる。特筆すべきは、宝探し。他のプレイヤーが撮った写真をヒントに、宝の隠し場所を探すというちょっとしたオンライン要素だが、これが意外と楽しい。よく考えてヒント写真を作るのも面白い。
 そして自撮り。フォトモードにはズームの他、各種フィルタなどがあり、凝った写真が撮れる。街の人や風景を撮るぶんには、それで充分だが、なんと、三脚モードを使えば自分も映すことができるのだ。豊富なコスチュームは明らかにこのために用意されており、他にも演出用小道具が多数ある。オンラインゲームでもないのにジェスチャーまで使えるのもこのためだ。これらを組み合わせると、多様な記念写真を撮ることができ、さらに他のプレイヤーから評価までもらえるおまけつき。いかにキトゥンちゃんの魅力を引き出すか、という競争へプレイヤーは巻き込まれるのだ。

 世に出回っているアイドルゲームにケンカを売らんばかりの堂々たる完成度だ。
posted by Dr.K at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

セトウツミ

 これを映画館でやろうという胆力がそもそもすごいわ。

 原作は、瀬戸と内海という二人の高校生がただダベっているだけのマンガ。これを何らスケールアップすることなく、そのまんま実写化した。映像的な見どころなんてはなっから存在しない。
 だがこれが面白い。映画だからといって長編向けのオリジナルストーリーなどを作らず、連作の短編としたことで、テンポよく内容が積み重ねられていく。連続ドラマを一気に見せられるような感じだが、キャラクターを十分浸透させることができていた。
 瀬戸と内海は、将来お笑いにでも進むんじゃないか、という軽快な掛け合いを見せる。これにプロのお笑い芸人などをキャスティングせず、菅田将暉と池松壮亮にやらせたのがまた良い。どちらも映画やドラマに出まくっている俳優だが、セトウツミではさえない素人の雰囲気を醸していて素晴らしい。
 この二人、「デスノート」の新作映画でも共演しているが、そちらではほとんど良い評判を聞かない。やはり役者も使い方次第ということか。

映像美 2
興奮度 3
センス 8
個人的総合 6
posted by Dr.K at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

一話だけ我慢してくれ! 「ネットハイ」

 「ネットハイ」は、非リア、ネットオタクでフリーターの主人公がリア充を爆破していく怪作。
nethigh.jpg
 ゲーム的には、「逆転裁判」「ダンガンロンパ」あたりを想像してもらえばほぼ間違いない。近年のネットスラングがぎゅう詰めである他、ツイイッターを駆使しての情報収集や、ニヨニヨ動画でコメントを味方につけるなど、今どき感満載。あまりに濃すぎるので、拒否反応が出る人も多そう。
 前例のない題材は、導入に工夫を必要とするが、このゲーム説明がとんでもなく下手。俺氏とナビ子のくだらないやり取りが本作のテンポを決めているのだが、それだけでもけっこう長いのに、間に挟まれるチュートリアルの猫がすげー冗長。回数が多いし長いしもううんざり。早く本題を進めさせろや、このクソゲーが! と序盤の印象は散々だった。
 しかしながら、2話以降はストーリーも面白く、リア充かと思われた敵の偽装を暴いていくのも痛快。猫の雑談も普通に雑談になって邪魔さが薄れ、テンポも大幅によくなる。このスピード感をはじめから出せなかったのは勿体ない。皆さんも、1話だけ我慢してもらってこの面白さを味わってほしい。

posted by Dr.K at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

三部けい「僕だけがいない街」9巻

bdim9.jpg え、8巻で完結したんじゃなかったの?

 と一瞬びっくりする人もいたのでは。9巻は、完結後に雑誌掲載された外伝「僕だけがいない街Re」をまとめたもの。
 つまらないわけじゃないけれど、こういうのあんまり良くないと思うのよ。
 このマンガ、本編にものすごく余白がある。主人公が長い昏睡を経て起きるので、その間他のキャラがどう過ごしてきたかわからない。でも、そういう隙間をあれやこれや想像するのも読者の楽しみのうちだし、主人公と犯人とに焦点を絞るのも大事だと思うんだ。
 ところがこの外伝では、作者が自ら隙間を埋めてしまっている。他人が描いた同人なら、その人なりの解釈ということで済ませられるけど、作者が描いたらそれは唯一の公式なわけよ。なんか、作品が閉じちゃった感じがして残念。ただ、これも今どきの読者の要請なのかな、とも思う。何かというと説明不足、と文句を言う奴多いもんね。

 売り方もよくない。こんなの昔だったら、外伝とか別巻とかで出るもんでしょ。ナンバリングに入れて少しでも余分に売ろう、という出版社の必死さが嫌。アニメにも映画にもなって大ヒットしたのでファンサービスです、くらいの余裕を見せてほしいもんだよね。三部けい、もう泡沫作家じゃないんだから。
posted by Dr.K at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

憎いほどの貫禄 「Gravity Daze 2」その2

 「グラビティデイズ2」をプレイした皆さんは気づいただろうか。キトゥンちゃんのかわいさの質が変化していることに。

 キトゥンのキャラクターは独特である。まず外見は、アメコミに登場する悪役のよう。そして、コミックスタイルのデモは、メビウスのバンドデシネを彷彿とさせる。海外でうけることを意識したクールかつスタイリッシュなデザインと言える。ところが、彼女の性格付けは、日本の庶民キャラそのもので、ここにギャップが生まれている。
 前作でのキトゥンの行動は天然そのもので、ユーザーの間でそのかわいさが評判になったことは、開発側にとっても想定外だったのではなかろうか。

 それが「2」ではどうなったか。
gd202a.jpg
 相変わらずクッソかわいいのだが、明らかに開発側が自覚的であり、かわいさをアピールする作りになっている。前作の天然から、小悪魔的な位置へ昇格しており、手に負えない。
gd202b.jpg
 ヴォゴのオッサンも、こんな奴が敵ではさぞやりにくかろう。心から同情申し上げる。
posted by Dr.K at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

アサイ「木根さんの1人でキネマ」3巻

kine3.jpg
 あ〜、これまずいなあ。長期連載の罠にはまっていってるかもなあ。

●マニア向けの罠
 木根さんがエヴァンゲリオンを初めて見るという話があるのだが、この面白さ、TV版を全部見ている人にしか伝わらない。マニアに刺さるように深く掘り下げると、やっぱりこうなっちゃうのかな。木根さんの素晴らしさは、題材となっている映画を知らなくてもマンガそのものが面白い、というところにあると思うんだけど。
 その意味では、この巻のホラー回は秀逸。

●キャラ追加の罠
 長期化にともない、木根さんと佐藤さんだけでは話がもたなくなってる。そこで、過去のゲストキャラクターが再登場し、準レギュラーに昇格しつつある。会社の同僚やら上司やら同窓生やらだ。スター・ウォーズのオッサンたちにはこれからも毎年一回出てほしいが(笑)、個人的に要注意と思っているのが、映画好きが発覚した工藤ちゃんと、アニメ大好き主婦。この個性は、木根と佐藤を食ってしまう恐れがある

 このままずるずると、キャラの多い薄いマンガになってしまうくらいなら、早く幕を引いた方がいいのでは、と思ったりするのだが、今後の展開やいかに。
posted by Dr.K at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

憎いほどの貫禄 「Gravity Daze 2」その1

 「グラビティデイズ2」をプレイ開始した。始まったばかりだが、名作の貫禄をそこかしこに感じる。

gd201.jpg

 例えばこのオープニング。ほとんどのユーザーが、空間を自在に飛び回れるアクションに期待しているゲームなのに、この場面では不格好なスーツに身を包んだキャラでもたもた歩くことしかできない。この不自由さがあればこそ、後で飛び回れるようになったときの爽快さが強調される。楽しい場面までをじっくり盛り上げていく、腰の据わった演出と言える。
 それにしても、体験版のときのステージがなかなか出てこないのに驚く。かなり序盤のステージのように感じたのだが、それがなかなか出ないということは、全体のボリュームは相当なものだと予想される。前作のような、新規ゲームのお披露目といった感じはなくなり、自信たっぷりに続編をお届けします、という貫禄に満ち満ちている。それではこちらも、本気でじっくり向き合わなければなるまいて。
posted by Dr.K at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

「龍が如く6」その6 ちぐはぐ日記

 ようやくクリア。エンディング曲が「アトムの子」なので無条件に神ゲー。
ryu606.jpg
 しかしながら、ゲーム中のタイアップ曲はいずれも合わなかったように思う。「龍が如く」は猥雑なヤクザゲーム、山下達郎では洗練され過ぎているのだ。
 それでは以下、エンディングの考察。

続きを読む
posted by Dr.K at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

「龍が如く6」その5 瀬戸内中年野球団

 球けがれなく道けわし

ryu605.jpg
 続いての大規模ミニゲーム(矛盾)は、草野球。草だからと言ってなめるなよ、「野球つく」のセガが作ったらただでは済まない。ストーリーあり、育成ありのシミュレーション仕立てで、ここぞの場面では実際にバットも振る。それでいて、いい塩梅に進行が省略されており、一試合が5分で終われる気軽さ。あまりに面白いので、もっとボリュームを増してほしいくらい。
 チームを強化するには、まず選手のスカウトから始めねばならないが、サブストーリーや他のミニゲームに候補者がいるという仕組み。結果、元プロやらスナックの飲み仲間やらが次々加入し、けったいな中年野球団が出来上がる。敵の球団はもっとおかしい。最初のサンダースだけはまともな草野球チームだが、レジェンズはジャイアンツの歴代の名選手がずらり。ボイスでの長さんの物まねがヘタすぎて苦笑。ゴージャスに至っては大リーガーが並んでおり、のどかな田舎の球場に外人が躍動する姿はシュールとしか言いようがない。

 早く試合をしたいのに、本編ストーリーで、夜になってしまったり、東京へ行かされたりと、なかなか都合がつかないのが最もストレス。もうヤクザとかどうでもいいんだよ、何を長々と説明してんだよ、バトルステージ長いんだよ、と本編が邪魔で仕方ない。せっかくの豪華ゲスト俳優の熱演も、これでは台無し。脇のゲームが面白すぎるというのも考えものである。
posted by Dr.K at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

「龍が如く6」その4 桐生会死闘録

 もはやシリーズ恒例となった大規模ミニゲーム(矛盾)が、今作も面白い。
 まずはクランクリエイターを紹介する。敵はジャスティスと名乗るチンピラ軍団。対するこちらは、桐生会を名乗り、チームで立ち向かっていく。バトルはいつもの格闘アクションではなく、コストを管理しながらメンバーを誘導していくRTS方式。難易度こそ低いが、豊富なステージ、しっかりしたストーリー、ちょっとしたオンライン要素まで入っており、スマホで流行っている同ジャンルのゲームに全くひけをとっていない。こんなのがついでで遊べてしまうとなると、スマホのゲームを殺しにかかっていると思われても致し方ない。
ryu604.jpg
 さて、ジャスティス側の幹部が、妙にアピールしてくる濃いキャラで気になったが、調べてみたら新日本プロレスとのコラボだった。彼らの決めゼリフをいちいち真似る桐生がおかしい。3Dのそっくりキャラが、本人のボイスとともに活躍する、こんな豪華なコラボはスマホでは無理だろう。それにしても、レスラーが出るのに、いつもの地下闘技場を作らなかったのは謎だ。「龍が如く極」では、柔道の篠原がさんざんいじられた挙句、地下闘技場でボコられる展開もあったのに。
posted by Dr.K at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする