2017年05月28日

ドラマ「ツバキ文具店」がとても良い

 「ツバキ文具店」は、NHKのドラマ。鎌倉の古風な文具店で、手紙の代書業を営む鳩子(多部未華子)が主人公。民放では到底不可能な地味の極みとも言えるストーリーだが、上質の邦画のような味わいがあり、とても良い。

 中でも感心するのが、手紙作成シーン。ドラマの趣旨としては、鳩子がいかに依頼人になりきって文面を生み出すかが重要なのだと思うが、私がそれ以上に惹かれるのが文房具の解説部分だ。手紙に合わせて、紙や筆記具を選ぶのだが、専門性が高くて毎回すごい。
 思えば、手紙などすっかり書かなくなった。つい最近まで一般的な教養だったはずなのに、急速に失われつつあるのが、手紙をめぐる文化の現状だ。それをドラマの形で留めることは、非常に意義あることだと思う。

 鳩子の祖母で、先代の文具店主を演じるのが倍賞美津子。昨年の映画、「あやしい彼女」は、倍賞が若返って多部になるというストーリーであり、すでに共演済み。息もぴったりと言えそうだ。
 多部の落ち着いたたたずまいは古風な背景に見事に馴染んでいる。一方、回想シーンで、グレてギャルになる部分の似合わなさたるや(笑)
tsubakib.jpg
posted by Dr.K at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

A 5th of BitSummit その2

●FLICAR
bits04.jpg
 実は今回、ビットサミットに出向いたのはこのブースがあるためです。


 彼らはまだ在学生なのですが、出展に応募したところ、見事選ばれました。実は他にも応募したチームがあったのですが、すべて落選しています。会場に行き、なんとなく理由がわかりました。「FLICAR」はアートなどに海外ゲームの雰囲気があり、国際色豊かなこのイベントにうまく溶け込んでいたのです。ゲーム企業とほぼ対等に扱われているこの凄さ、当人たちは感じているのでしょうか。
 来場者からは、このゲームのリリースについて何件か問い合わせがあったようです。現状、実行可能な端末が限られるという理由で公開されていないのですが、改善したらGooglePlayに上げる予定です。スタッフもやる気になっておりますが、いかんせん学生ですので、気長にお待ちください。

続きを読む
posted by Dr.K at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

A 5th of BitSummit その1

 京都で5/20、5/21開催のビットサミットに行ってきました。
bits01.jpg

 ビットサミットは、インディーズゲームの展示会です。
 東京ゲームショウのように、行列や混雑に悩まされることなく、スタッフとアットホームなやりとりをしながらゲームを試遊することができます。年々規模が大きくなっており心配したのですが、今年もその良さは健在でした。
 それにしてもこのイベント、客層が極端です。ただのゲームファンももちろんいるのでしょうが、業界の人がかなりの割合を占めており、そこかしこでスタッフと雑談しています。また、海外のゲームが多いせいか、外国人のスタッフやお客も非常に多いです。でもありがたいことに、彼らの多くは日本語が堪能です(笑)
 それでは以下、注目の展示物など。

続きを読む
posted by Dr.K at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

イニス倒産。しかし新作発表!

inis1.jpg
 イニス倒産の報があったのは先週のこと。


 私は「応援団」シリーズの大ファンなので、それはもうがっかり。あの素晴らしいゲームを作ったスタッフはどうなってしまうのか。
 ところがほぼ同時に、そのスタッフによる新作がニュースになったので驚いた。


 調べてみたところ、昨年新しい会社が設立されていたことがわかった。


 時系列に並べると、まず昨年11月にイニスジェイが設立。今年3月にイニスがスピカと名を改め、5月に破産。破産時のスピカの社長は、名前から推測するにイニス元社長の妻であろうか。新しいところにスタッフを移したうえで会社をたたんだものと思われる。
 スタッフがゲームを作り続けているのはひとまず朗報。ヒットして新しい会社が軌道に乗ることを期待したい。
posted by Dr.K at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

自由すぎるゼルダ 「ブレス オブ ザ ワイルド」その5

 ようやくガノンを倒して、エンディングを迎えました。とはいうものの、祠やらミニチャレンジやら、すっ飛ばしたものが多いので、まだプレイするつもりですけどね。

zdbow051.jpg
 オープンワールドを採用し、自由度の高さが特徴となっている今回の「ゼルダ」。しかし、自由度が高ければそれだけプレイヤーが目的を見失いやすくなります。例えば私は、「龍が如く」などプレイしようものなら、大切な人の命が危機にさらされる場面であっても、キャバクラに入り浸ってしまいます。
 一方、「ブレス オブ ザ ワイルド」には、そのような矛盾を避ける工夫があります。例えば、ハイラル城です。この城は世界のほぼ中央に位置し、ガノンの禍々しいオーラを放っています。どこからでも見えて気になるので、プレイヤーは何をしていても本来の目的を思い出します。ディズニーランドにおけるシンデレラ城、関東での富士山に匹敵するランドマークと言えます。

(注:以下に、ネタバレを含みます)

続きを読む
posted by Dr.K at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

「進撃の巨人」31 戦士

 ついにこの話まで到達した。マンガで読んだとき、この作者どうかしてるんじゃないか、と思った名場面だ。
singki312.jpg
まるで立ち話でもするかのようなさりげなさで、ライナーが正体を告白する。マンガでは、コマの端っこに小さく描かれるという常識外れの演出が施されており、二度見三度見してようやく内容を理解する読者が続出した。また、衝撃のネタバレとして、スキャンされた紙面がネットにも多数アップされたが、コラ画像だと思って信じなかった人もいたらしい。
 アニメでは、その内容を忠実に再現。ハンジたちの会話がノイズとして間にはさまることで、よりどうでもいい話のように聞こえるところがうまい。ライナーの声の演技にも磨きがかかっていて、ベルトルトの「彼は疲れているんだ」という言葉を真に受けてしまいそうになる。

singeki311.jpg
 それにしても、状況を見守るミカサの顔が怖すぎる。ひょっとしてライナーたちの話が聞こえているのだろうか。

posted by Dr.K at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

モアナと伝説の海

 ディズニーのアニメは、見た目通りの内容ではないことがあるので、気を付けないといけない。癒し系のロボットかと思ったら実はヒーローものだった「ベイマックス」、ほのぼの動物ものかと思ったら意外に社会派だった「ズートピア」。そして「モアナ」もまた、予想と異なる作品である。
 主人公のモアナは、村長の娘。ディズニーで年頃の女性が主人公だと、どうしても恋愛要素がありそうと思ってしまうが、意外や意外。海に出てからは、100%冒険、アクションに振り切った活劇だった。後味もスッキリ、痛快爽快である。
 CG技術も恐ろしく進歩しており、序盤の島の風景などは、キャラがいなかったら実写と見分けがつかないレベル。水と陽光の表現も言うことなし。

 今回、題材となっているのはポリネシアに伝わる神話だ。語り継がれてきた伝承には理屈などない。そのせいか、ディズニーお得意の計算づくのストーリー構成が破綻していて面白い。

(注意:以下にネタバレを含む)

続きを読む
posted by Dr.K at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

諸星大二郎「BOX 〜箱の中に何かいる」2巻

morobox2.jpg 「西遊妖猿伝」の新刊が出ないな、と思っていたら、諸星先生ったら別の連載をスタートさせていたんですね。しかも久しぶりの現代劇です。

 「BOX」は、謎のパズルに招かれた数人が、「箱」からの脱出を目指すという物語です。状況だけ見ると映画「CUBE」のようです。
 ですが、中身はいつも通りの諸星ワールド。「箱」の中では得体のしれない化物が跋扈し、一部では妖術バトルまで繰り広げられており、舞台さえ中国なら「諸怪志異」シリーズに入れておかしくない内容です。
 特筆すべきはキャラクターで、パンチラお姉さんやら、頭の足りないゴスロリ少女やら、諸星作品と縁のなさそうな人物が容赦なく取り込まれています。2巻ではついに主人公がボーイズラブ展開に巻き込まれることとなりました。しかし、ベテランが無理に世相を取り入れているような苦しさはなく、何をどう描いても諸星作品でしかないのがすごいです。クイズやらおまけやらもあり、先生自身が楽しんで描いているようで何よりです。
 とはいえ、なるべく早く悟空を天竺へ向かわせてほしいのですが。
posted by Dr.K at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

3月のライオン 後編

 公開されたばかりなのに、いきなり小さい部屋に追いやられている。「美女と野獣」や「コナン」が人気で、場所がないらしい。実にもったいない。これもいい出来なのに。

 後編と聞くと、普通は後ろ半分とイメージするものだ。だが「3月のライオン」は違う。前編は序章に過ぎず、後編こそが本編である。
 そう感じたのは、前編で発生した事件を後編で解決する、というよくある仕掛けが作られていなかったから。「3月のライオン」では、前編で桐山と他の棋士との戦いを描きつつ、一通りのキャラクターを配置。そして後編では、各人物のドラマをぐっと掘り下げるエピソードが描かれていた。
 前編よりずっといい。私はそう思ったのだが、対局を中心とした内容を期待した観客にとっては期待外れだったようで、評価は二分されている。
 将棋とは関わりないところで展開する、川本家をめぐる物語。ここで、桐山が活躍しないのがいい。フィクションの世界では、一芸をもってあらゆる危機を乗り越えるヒーローが、多数存在する。しかし桐山は、天才棋士ともてはやされていても、他の場所では年相応の無力な少年だ。これによって、物語にぐっとリアリティが出た。
 後藤との対局の後、ばたばたと一気に物語をたたむのは、連続ドラマの最終回のような駆け足感があって今一つだったが、過剰にハッピーにしないところはよかった。あえて対局を見せず、余韻を残した結末も粋。

 それにしても、ぼっちの桐山を気にかけてくれる林田、めっちゃいい先生だと思うけど、他の生徒からはどう見られているのか心配だ(笑)

情緒感 8
シリアス度 9
安定感 8
個人的総合 7
posted by Dr.K at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

自由すぎるゼルダ 「ブレス オブ ザ ワイルド」その4

 私は、ゲームでクリア後の街をぶらぶらするのが好きです。人々が平和を満喫している姿を見るとほっこりしますよね。時には感謝のしるしに何かもらえることも。

zbow041.jpg
 そんなわけで、神獣ヴァ・メドーをクリアし、リトの村に帰ってきました。この村は眺めがいいですね。人々と話しながら、ひとしきり散策していると、店員に呼び止められました。
「防寒着はいかがですか?」
 な、なんですと〜?

続きを読む
posted by Dr.K at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする