2021年05月05日

「Subnautica」その4 ご利用は計画的に

 前回の事件があったので、「当分救援は出せませんわ。設計図送っとくんで、長期滞在になるけどがんばって。ほなまた。」という主旨の通信が届いた。見捨てるつもりだな、このやろう。

Subnau042.jpg
 さて、その設計図の送り先というのが、墜落した母艦オーロラ号である。周囲は汚染されているので対放射能装備が必須。今までは、行き当たりばったりに素材を拾っては適当なものを作ってきたが、今後は計画的な素材集めに切り替える。どうにか装備が完成し、オーロラ号に入ることができた。
 しかし、調査は長期に及びそうだ。拠点である脱出ポッドと何度も往復するのはいかにも効率が悪い。ここで、初めてじっくりと制作可能なもののリストをながめ、オーロラ号近くの海底に、基地を建てることにした。

subnau041.jpg
 スキャナーを使って、海底の残骸などを調査すると、新しい設計図を手に入れることができる。グラブスフィアという、よくわからない機械を作ってみたところ、これが超便利。罠みたいなもので、近くの魚を捕えていてくれる。おかげで水や食料の確保がぐんと楽になった。これからは、探索や基地づくりに時間を割けそうだ。ありがたい。
posted by Dr.K at 19:50| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月01日

「Subnautica」その3 誰にも会えない

 突然、助けを求める通信が入った。生存者は自分だけと思い込んでいたので驚いた。
 しかし、現場へ行ってみると、破損した脱出ポッドが残っているだけ。そんなイベントが2回ほど続き、どうにも孤独感が募ってきた。

 そして、ついに救援の手を差し伸べる連絡が届く。相手が指定するポイントへ移動して、また驚いた。砦のような建造物がそびえているではないか。どうやらこの星には、かつて高度な文明が存在したようだ。
Subnau031.jpg
 セキュリティをかいくぐって内部へ侵入する。作ったばかりのスキャナーを活用して、様々な情報を集めた。ゲームが変わったかのような風景に、ワクワクが止まらない。
 そうこうするうちに、救援の到着時間が近づいてきた。砦を出て宇宙船が来るのを待つ。いよいよというその時、砦が動き始めた。まずい、防衛機能が生きていたのか?
subnau032.jpg
こうして、生還への希望は海の藻屑と化した。私はたまたま律義に待っていたから、この瞬間を見ることができたが、指定の時間にここにいなかったプレイヤーも多いのでは。見なかったら、状況を理解しないままにゲームを続けることになってしまうのだろうか??
posted by Dr.K at 01:00| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月24日

「Subnautica」その2 塩焼き食べたい

 素材を集めると、装備に乗り物、ついには基地まで作れるらしい。あれもこれも、と採取活動をしていたら、渇きで死んだ

 始まったばかりなので、生きることが最優先。水と食料を確保しなければならない。脱出ポッドには、若干の水と食料があったが、そんなものはすぐに使い果たした。
sabnau012.jpg
 食料としては、適当な魚を獲ればよい。ところが、未知の星なので、魚が食べられそうに見えない。釣り竿や銛もないので、手づかみしなければならないのも厄介。画像のピーパーは、栄養価が高くオススメの魚だ。目玉がおいしい、などと鯛みたいな説明がついていた。
subnau011.jpg
 一方、こちらのブラダフィッシュは、加工するとペットボトル入りの水になる。生きのびるには最重要の獲物だ。グロい見かけだが遠慮なく集めよう。
 海中で最もたくさん見かけるのは、ウミウシ状の生物だが、こいつらは食料にならないらしく、獲ることができないので紛らわしい。
 そして、加工した魚はすぐ腐る。塩焼きにすると保存がきくのだが、困ったことに塩が見当たらない。岩塩がどこかにあるのだろうか。それらしいものを見つけても、鉱物が手に入るばかりだ。食べることしかしてないが、このゲームちゃんと進むのだろうか。
posted by Dr.K at 00:09| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月20日

「Subnautica」その1 陸地が恋しい

 「サブノーティカ」を開始した。Play at Homeキャンペーンで、PS4版が今だけ無料だ。

 宇宙船の事故で、海ばかりの惑星に不時着した主人公。来るかどうかもわからない救援を待ちつつ、洋上でのサバイバル生活を始める。
 不時着時に、脱出ポッドの火災を消火するイベントがあり、これが道具の使い方のチュートリアルになっているものの、プレイ方法の説明は本当にそれだけ。後は自分で試して、といきなり放置される。
 とりあえず、近くの浅瀬で色々拾う。素材を集めて道具を作れるらしい。窒息してはいけないので、あまり長く潜ってはいられない。ライトもないので、夜はほとんど探索できない。おまけに、こちらを襲ってくる生物もいる。なかなか厳しい。

subnau001.jpg
(画像はクリックで拡大)
 上はロード中の画面。「サブノーティカ」は、起動時のロードが長めだ。ロードの進み具合を表示するゲームは他にもあるが、なぜかこのゲームではどのデータをロードしているのか細かく表示する。その情報要る? と思ってしまった。
posted by Dr.K at 23:37| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月14日

FIRE EMBLEM 六根清浄 その16

fef161.jpg
(画像はクリックで拡大)

 前の回想ではイラストだったのに、今度はわざわざ3Dモデルが作ってある!

 青獅子ルートをクリア。
 最終ステージは苦戦した。エーデルガルトには重装兵のイメージがあったのだが、意外にも魔法系のユニットが多く布陣されていた。厄介なのは、超長距離射程のメティオを持つ敵。ディミトリもドゥドゥーも魔防は弱いので、たちどころに追い込まれてしまう。
 これを打開したのが、今まで積極的に使わなかった〈計略〉だった。インデッハ剣戟隊の〈応撃の備え〉を使うと、射程を無視して反撃できるので、これでメティオ使いを一掃。一部のボスが持つずるい技を、自分も使えるのだ、ふはははは。
 エンディングは誰と結ばれて終わるか、今回は非常に迷ったが、正体が気になったためユーリスを選んでみた。
fef162.jpg
(画像はクリックで拡大)

次の言葉を固唾を飲んで待ったが…結局教えてくれんのか〜い。いや、そういう演出なのはわかるけど、なんか損した気分。ネットで調べても考察や推測もない。
 それにしても、DLCで追加された新キャラが、本編にも登場して支援会話やエンディングまで用意されているというのは、やはり並の作り込みではないのである。最後まで本当にお見事。
posted by Dr.K at 23:58| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月10日

FIRE EMBLEM 咄咄怪事 その15

 外伝「白銀の乙女」をプレイ。ディミトリたちは難攻不落と呼び声の高い、アリアンロッドに攻め込む。

fef151.jpg
(画像はクリックで拡大)

 攻めてびっくり。マヌエラが敵将で出てきたじゃないか。
 今回、灰狼組以外はスカウトしない、という方針でプレイしているので、他クラスの生徒が敵として出てくるのは予定通り。しかし、マヌエラは先生だ。エーデルガルトの担任だから、と言われればそれまでだが、教会を裏切って帝国につくのはどうなのよ。ハンネマンも見事に寝返っている。この教会、意外と求心力ないな。
 さらに、アサシンという職種に不意を突かれた。マヌエラならば、普通は魔術師か踊り子だろう。全く似合っていない姿に身をやつしており、なんだかかわいそうになってくる。だが油断は禁物。ゲームも終盤なので非常に強い。
 倒してクリアしたが、帝都で待つドロテア(歌姫時代のマヌエラを尊敬している生徒)の恨みが倍増していそうで怖い。
posted by Dr.K at 11:51| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月01日

「クイズ de シンデレラ」不参加の記

quizdesind.jpg
 本日は、デレステ恒例のエイプリルフールイベントです。今年は、「ぴにゃこら太と遊ぼう! アイドルクイズ王決定戦」と題し、突如として早押しクイズが始まりました。驚いたことにオンライン対戦。問題の種類もなかなか多いみたいです。
 ぜひ参加して記念アイテムをもらいたいところですが、スマホが古いのか通信が悪いのか、ろくに解答できずフリーズしまくります。早々にクリアをあきらめました。アップデートのたびに、少しずつ要求スペックが上がるのがこの手のアプリのつらいところ。課金しなくなってだいぶ経ちますし、そろそろ引退を考える時期かもしれません。
posted by Dr.K at 23:02| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月27日

FIRE EMBLEM 不易流行 その14

 「ファイアーエムブレム 風花雪月」を再開した。最後に残った青獅子ルートをプレイするためだ。

fef141.jpg
(画像はクリックで拡大)

 回想シーンのディミトリが異様にかわいいな! 本編後半では憎たらしいけど(笑)
 青獅子クラスはなんだかイケメンが多い気がしたので、気分を変えるために主人公を女性にした。さてさて、誰と結ばれてやろうか。
 また、3周目ともなると、名声も貯まっており、ゲームが楽勝になると予想される。そこで、少々縛りプレイを試みることにした。黒鷲や金鹿の生徒はスカウトせず、灰狼の4人のみを追加した。
 灰狼の生徒は、DLCの「煤闇の章」では、いきなり特殊職に育った状態で使えた。本編では一から育てなければならないので、使い勝手が大いに異なる。また、灰狼以外のキャラを特殊職に就けることも可能である。何より面白いのは、「煤闇の章」では用意されていなかった支援会話が見られること。ユーリスの出自は謎めいているし、ハピに至っては王国の物語とかなり深く関わるようだ。
 複数回遊んでも変わらず面白いので感心する。
posted by Dr.K at 23:58| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月07日

24年ぶりの再会 「FINAL FANTASY VII REMAKE」その1

 今月のPS+フリープレイは「ファイナルファンタジー7リメイク」。昨年PS4で最も売れたゲームがいきなり無料。スクエニらしからぬ大サービスだ。

ff7r011.jpg
 ほぼ映画、という気合の入ったオープニングを経て、ゲームの本編が始まった。
 元のFF7は24年前のヒット作。かつてのファンの中で想い出として美化されている映像を、このリメイク版で越えてみせるという意欲をひしひしと感じる。国産のゲームでこれほどのビジュアルのものはほとんどない。見た目に圧倒されていたら、ボス敵にあっさり殺された。アクション性の高い戦闘がイマイチわからない。
 思えば、私は「7」を最後にファイナルファンタジーをプレイしていない。24年ぶりのファイナルファンタジーが再び「7」というのは、何やら因縁めいている。

ff7r012.jpg
 回想シーンで、幼いころのティファが出た。ちょっとこの顔は大人すぎるんじゃないか。何歳の設定かわからないが、不安になるバランスだった。

posted by Dr.K at 00:13| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月28日

「ハーモニクス」の研究レポート

 「アイドルマスター」シリーズ15周年記念の一環として、デレステとミリシタによるコラボイベントが開催されました。そのイベント曲が「ハーモニクス」です。

deremiri.jpg
 ミリシタからゲスト参戦となるジュリア・静香と、デレステのロックアイドル夏樹・李衣菜が、対バン形式で舞台を彩ります。実に画期的なコラボとなりました。
 これまでデレステは、世界観を大事にしているのか、コラボについては控えめでした。カバー曲を実装する場合も、MVは一番簡素な2Dモードしかなかったのです。他にはイベントコミュのための静止画や、ルームアイテムくらいしか作られませんでした。
 ところが、「ハーモニクス」では、ジュリアと静香がSRカードとして配布され、3Dキャラも用意されました。さらに、他の曲にも登場させることができるではないですか。わざわざデレステ風に作り直されたモデルは、非常に手間がかかっている印象です。今後、この調子でどんどん他作品のキャラが流入してくる…とは思えませんが、本気を出せばこの程度はできる、という制作側の自信が伝わりました。
posted by Dr.K at 00:46| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする